日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
南禅寺天授庵 実寸大のふすま絵が見られる『等伯のナラティブアート』展
偶然通りかかった代官山ヒルサイドフォーラム。

ふらりと入ったインスタレーション展示にあっと驚く。
長谷川等伯が描いた南禅寺天授庵のふすま絵がズラリ。

紙のすり減り具合などから、本物??と思ったが、
実寸大記録模本だそう。
いやそれにしてもリアル。


素早いタッチで対象を捉え、散りばめつつ、空間の中に均衡を生み出している。

これらはみな、禅宗の教えに基づく逸話の場面を描いたもので、
解説にそれぞれの場面の説明がある。


ふすま絵のうち、とくに斬り殺されてしまう運命にある猫がこちらへ向ける視線が何とも言えない。
もしも草履を頭に載せて後ろ向き歩行をしていれば猫は斬られずに済んだ、というのが
腑に落ちるような、落ちないような。。。
(南泉斬猫)。


館内写真撮影は禁止。
ただし、上述のねこを大きく描いた布の展示がカフェの脇にあり、こちらは写真OK。

IMG_9478.jpg

入口:

IMG_9482.jpg


それにしても今のデジタル技術すごい。


会場: ヒルサイドフォーラム
〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町18-8 ヒルサイドテラスF棟日時
期間: 2015年4月25日(土)~2015年5月6日(水)
時間: 11:00~19:00 ※4月27日(月)休館
入場料:無料
http://www.seigensha.com/event/2015/04/27190517
関連記事
2015.05.03 Sun | Art| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill