日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
東銀座 最強のコスパ 「パリのワイン食堂」
素敵なビストロに出会った。名前は 「パリのワイン食堂」。

コスパは抜群で、プリフィクス・ディナーコースが税別2980円(前菜・メイン・デザート)、
しかも、それぞれチョイスが10種類ほどと、選択の余地が広い。

ワインリストはずっしり重く、50種類以上のワインが一律税別3800円
それ以外のワイン・アルコールだけでもメニューは21ページにも及ぶ。


オザミの系列なので、お料理も美味。
オザミ丸の内や本店(銀座)はよく行くのだけど、こちらの存在は知らなかった。

東銀座の3番出口を出たら(歌舞伎座の出口)3分で到着。


予定されていた顔見せ会が延期となり、20名ほどの居酒屋ディナーの予定が一転、
3人の気の置けない仲間とのカジュアルなフレンチビストロディナーとあいなった。
皆それぞれ違うお料理を頼んでシェア。


前菜、私のチョイスは

●「オホーツク産ズワイガニとアボガドのディル風味のガトー仕立て
クーリ・ド・トマトでさっぱり召し上がれ!」
グランドメニューのよう。友人お勧めの一品。さっぱりしたスープが効いている。

写真 4 (6)


友人の
●「オテイザさんのアルデュード生ハムとチーズ山盛りサラダ」
すごい量。
生ハムとチーズがアクセントでおいしい。

写真 2 (38)


●「鹿児島県産 炙り初ガツオのマリネ」
肉厚ぷりぷり。

写真 3 (23)


メイン私の選択は、
●「岩手県宮古産平目のポワレアルザス風パスタ添え白ワインソース」
魚がしっかり食べられて、ソースもバターが過剰ではなくしつこくない。
アルザス風パスタはもっちり。ニョッキみたいなダンプリング系の食感。

写真 2 (36)


●「毛ガニのリゾット 北海道産帆立貝ポワレ添え チャービル風味」
帆立貝がいっぱい。リゾットには魚介のダシがどっさり浸み込んで、気に入った。

写真 1 (37)


●「仔羊のソーセージ」
豚でなく、仔羊とはレア!ガッツリ系。

写真 3 (22)


パンに添えるリエットも付いてくる。

写真 5 (1)


ワインはコルシカのピノノワール。

写真 1 (39)

コーヒーは別建ての注文というのが、いかにもフランスぽい。

これでしめて、ひとり5000円弱。

私が頼んだヒラメもソースが優しく、添えてあるパスタも触感がよくて気に入ったけれど、
毛ガニのリゾットが、海のダシ満載で、次回はこれを注文したい、
などと、店を出た瞬間思わせる、そんな気安く、そして感じのいいお店だった。


https://auxamis.com/wine-shokudo
関連記事
2015.04.02 Thu | Gourmet| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill