FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
詩作に耽るとき??
私のオトモダチが「雨ニモ負ケズ」の超傑作パロディ作品(自転車選手編)を作成しまして、あんまりにもウケたので紹介しますと:

「雨にも負けず
風にも負けず
雪にも夏の暑さにも負けぬ
丈夫なからだをもち
アシストだから慾はなく(でもたまには優勝してみたい)
(エースが自分ひとりで勝ったような顔をしてても)決して怒らず
いつも静かに笑っている
一日に山盛りのパスタと
エナジーバーと少しのヌテッラを食べ 。。。。」

・・・ 続きは こちらのURL(くまたろうさんのサイト)でどうぞ

これがツボだったのは、センスのよさも当然あるんですが、加えて、こういう類のこと=詩作みたいなことが突如自分でもやりたくなることがあって、そういう意味でも嗜好のシンクロがまさにツボだったわけです。

私もかつて曙関が関取現役だったころ、清少Nacoとかいうペンネームで詩作に励んだことがありました??

拙作品をここで公開しますと:

「相撲はあけぼの。やうやう強くなりゆく土俵際、少し足蹴りして、ほかの力士たちの細くたなびきたる。」
By 清少Naco

「春はあけぼの。やうやう白くなりゆく山際、少しあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。」
By 清少納言

あ、ちょっとレベルが違いすぎましたね。お粗末さまです。

写真は竹橋近代美術館にあるクイーンアリス・アクアにて。ここの雰囲気がなかなか好き。美術館併設ということもあり(でも入場料なしで入れる)、彫刻が内部に飾ってあり、天井からはバロック調の音楽が奏でられ、心が清らかになったような錯覚に陥り、俳句のひとつでもひねりたくなるような気分になること間違いなし。

窓際の席にとおされると、外のテラスの向こうには皇居が見える。夕方弊店間際には人影も途絶え。ただし東山魁夷展が開始になると相当な混雑になるだろう、とは店の人の弁。行くなら今のうちだ。ただしもうすぐ展示換えのため休館が続く。

P1240907.jpg

P1240908.jpg


P1240909.jpg
関連記事
2008.03.12 Wed | Private| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill