日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
小山薫堂さんの閃き
2003年、ミッドタウンの富士フィルムでハービー・山口さんx小山薫堂さんx松任谷正隆さんによる写真対決トークショーを拝聴する機会に恵まれた。

==> ハービー・山口さんx小山薫堂さんx松任谷正隆さんによる写真対決トークショー


天才x3の集まりは、なにやらそこはかとなく濃そうだけど、
それぞれみなさん、軽やかなたたずまいで、それでいてそれぞれの才能ぶりに、感じ入ったのだった。

そして今日、NHKでくまもんの生みの親でもある小山薫堂さんの対談を見て、こんなことを知った。


くまもんを生み出した背景は、地元の人たちがまず、熊本の良さを知ろう、というところからスタートした;
まず自分たちが楽しまなければ、外向き(観光客向け)のPRをしても魅力的ではない;
(「俺かっこいいんだぜ」と言いふらす男はモテない、のたとえも!)
くまもんの表情は、驚きを表している;
地方復興支援としての自分は、合気道のようなもの。相手の力を借りて何かを動かす。


発想が、なんというか、しなやかというか、全体を見渡せる人だと改めて感じた。
偏狭的なところがなく、視点を自由に変えられる豊かな思考。
こればかりは真似できるものではない。
天賦の才としか言えない。

関連記事
2015.01.08 Thu | Society| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill