日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
スイス/ ラウターブルンネン カレンダーで旅する
 カレンダーの地を求めて

以前のエントリーでも書いたのだけど、小さい頃カレンダーの風景に登場した
スイス、ラウターブルンネンの景色が忘れられず、
成人してから一人旅でふらりと行ってきたことがある。

驚いたことに、今年頂いたカレンダーの表紙が、再びラウターブルンネンだった。

風光明媚な写真スポットなのらしい。
今年のカレンダー:


写真 (70)


私のラウターブルンネン:

P1670129a.png


比較:

写真 (702)P1670129ab.png



私はそばから、カレンダーは望遠で撮影しているけれど、
場所はまったく同じ。

P1670129-2.jpg


カレンダーにあった滝を求めて、駅からあてどなくテクテク歩いた覚えがある。

辿りついた滝が、いつかカレンダーで見たそれと一緒か不明だったけど、
同一と断定して、引き返した。
どのぐらい歩いたか覚えていないけど、余り遠くへ行きすぎると帰りの
電車が不安だったので、上の写真を撮って目的達成とした。

この滝、あまり近づきすぎると景色が今一になってしまうのだ。

P1670131-2.jpg

それにしても素敵な場所だった。
ラウターブルンネン。

名前しか知らず、地球の歩き方にも掲載はなく、
駅で降りて適当に歩いただけだったけど、
5月の陽光に包まれ、カウベルが谷間にこだまして、
まるで別世界だったのが忘れられない。

P1670133.jpg


カレンダーに惹かれた旅は、ドイツでもある。
ロマンチック街道沿いの地味な村、タウバービショップスハイムで降りて
適当に宿を探して一泊したこともある。

カレンダーだけしか手がかりがなく、今考えれば適当な旅だった。
軽い思い付きではあったけど、思い出はこうして深く残っている。


ということで、ラウターブルンネンで始まった2015年。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill