日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
乾門通り抜け (秋・宮内庁) 感想
追記) 2015年秋乾門通り抜けに行ってきた。
最新情報はこちら --> 2015年秋乾門通り抜け最新情報

===== 

(追記)【注】:乾門通り抜けは、好評を博したため、2015年にも開催が決定しました。
==> 詳細:http://www.kunaicho.go.jp/event/inui.html


(追記)【注】:乾門通り抜けは、天皇陛下の傘寿を記念した催しなので、2014年限定です。


2014年春季に引き続き、2014年秋の乾門通り抜けに行ってきた。
http://www.kunaicho.go.jp/event/inui.html <==宮内庁の通り抜け関連サイト

実は諦めていた。

10:30大手町で解放され、12時には竹橋を出ねばならない。
1時間半で並んで、鑑賞して、というのは春季の様子を考えれば無理だった。

しかし坂下門付近まで行って(大手町から歩き)状況を一目見て、
イケルかも、と思った。

今年は最後尾でも列がちゃんと動いている。
昨年は列は果てしなく横に広がり、並ぶや延々不動の無秩序だったのだ。


途中離脱も視野に据え、とにかく並んでみる。
結果的に下記条件で、クリアした。

日程:初日
・10:30 大手町から坂下門へ(徒歩5分ほど)
・11時 手荷物検査所までたどり着く。
(ロッカーに手荷物を預けたので、検査なしの道でほんの少しだけショートカット)
・11:15 入門
・11:50 退出

予想以上にスムーズで、昨年の半分の時間で入ることができた。
明らかに整備が向上されたせい。
さらに事前宣伝が少なかったせい?
初日・平日という要因は大きかっただろう。


紅葉自体は、赤一色ではなく、様々に微妙な色の取り合わせ。  

P1660101.jpg


もみじの前は大混雑。
このあたりで横幅いっぱいの列がストップした。

DJポリスの声が響く:
「美しく赤く咲いたもみじはキレイです。でもそれを独り占めしていませんか?譲り合いましょう」
微笑みのさざ波が立つ。

のろのろ動き始め、離れて柵越しに少し乗り出し、望遠でなんとか撮影できた。

P1660012_20141204071009697.jpg



勤労奉仕の方が集う場所。
謁見ものこの場所で。

P1650995.jpg


蔵は古めかしいものと、奥にコンクリート製のものと。

P1660060.jpg



吹き上げ御所へ続く門。
この先にいらっしゃるのかぁ、としみじみ見入る人多数。

P1660071.jpg


さて出口。

P1660132.jpg


門を出るや否や、竹橋駅めざしてまっしぐら。
この辺りは、小学生のころからなじみがある。
人の波を避け、12時ジャスト、駅到着。

ぴったり予定通りで動けたことが奇跡に思えた。



<関連>
● 皇居乾門通り抜け 春の風景と入場のコツと、秋季の入場(待ち時間)に関連して
● 秋季 皇居乾門通り抜け  12月3日(水)から12月7日(日)の5日間 宮内庁サイトに日程掲載
関連記事
2014.12.04 Thu | 国内探索| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill