日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
新橋で腰かけて休めるところ : 入場無料のアドミュージアム
先月の週末、新橋で時間潰しをする必要に迫られた。
それも1時間。

その日は昼過ぎまで歩きまわって疲労感満載で、
日比谷図書文化館まで足を延ばして読書、というシナリオは消去。

そこで汐留カレッタまで移動して(JR烏森口から5分もかからない)
その中にあるアドミュージアムへ。


日本の広告の歴史がつまびらかになっており、
浮世絵に描かれている屋号の看板などからの発展形として
広告が誕生した点など興味深い。

屋号の看板の展示もあるのだけど、意外に大きいサイズで驚く。


資生堂、三越などは、以前から随分あか抜けたデザインを採用しており、
広告重視の姿勢がうかがわれる。


なつかしい広告あり。
昔のテレビCMがフルで見られるコーナーなども。
「亭主元気で留守がいい」というフレーズは
タンスにゴンのCMで、木野花さんが出演されていた、
なんていうことを今更ながら自覚した次第。


・・・などなど、面白いものがいろいろあって、
疲れていたハズなのに、休もうという当初目的を忘れ、
展示に夢中になってしまった。

出口付近にアンケート記入用の椅子や映像鑑賞用などの椅子があり、
休憩用というわけではないのだけど
混雑することもないので、座って最後にちょっと一休み。

入場無料でお手軽で。
しかも楽しめたりする。

入館は平日18時、祝日16時という時間制限があり、
月曜休館ではあるけれど、
ちょっとの時間つぶしにはありがたい存在なのだった。


アドミュージアム:
http://www.admt.jp/
関連記事
2014.11.29 Sat | Art| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill