日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
京急「みさきまぐろきっぷ」その6 途中下車の注意事項
「みさきまぐろきっぷ」シリーズの続き。今回は切符のお話。

購入場所としては、京急電鉄の泉岳寺・三崎口以外とのことで、
私は横浜で。
購入方法はいたって簡単。

当然窓口での購入と思い、窓口に行きかけたら、係の人に声をかけられ、
みさきまぐろきっぷなら、自動販売機でも買えるとのこと。
(自販機を利用してほしい、といった様子だった)

タッチパネル操作でまごついていると、教えてくれた。

タッチパネルの中から「お得なきっぷ」を押すと、選択肢一覧の中に
「みさきまぐろきっぷ」が出てくる。
料金などは公式サイトにて:
http://www.keikyu-ensen.com/otoku/otoku_maguro.jsp


以下3枚切符が出てくる。
・京急線三崎口駅までの往復と三崎エリア指定区間のバス乗車券、
・まぐろ料理のお食事、
・レジャー施設利用。


バスは載り放題だし、利用方法は簡単なのだが、ひとつ失敗があった。
乗車券の条件となっている下記:

・京急往路乗車券(ゆき) 途中下車可。ただし逆戻りはできません。
・京急復路乗車券(かえり) 途中下車可。ただし逆戻りはできません。


つまり、横浜から終点三崎口まで行くのに、
先に終点の三崎口に行ってから、三浦海岸に戻るのはNG。
(三崎口から三浦海岸へ行くと、帰りの切符が使用されたとみなされ切符没収。)
帰りの場合は、三崎口→横浜というこの矢印通りの向きなら途中下車はOKだが、
逆向きはアウト。


それは十分承知していたので、進行方向に向かいつつ途中下車。

ところが思わぬところに落とし穴。

帰り、一旦三崎口で改札を通ってから、とろまんのお土産を買い忘れたのに気づき、
慌てて改札を出たら、切符が見事に没収されてしまった。

バスはフリーで乗り放題だが電車の方は進行方向逆に使うとNG・・・というのは知っていた。
しかし、同じ駅で出入りするだけでも”逆戻り”と見なされてしまうようだった。

どうかご注意を。


***


京急「みさきまぐろきっぷ」のお得感 その1 三浦半島編
京急「みさきまぐろきっぷ」のお得感 その2 まぐろランチ編
京急「みさきまぐろきっぷ」その3 水中観光船
京急「みさきまぐろきっぷ」その4 三崎港を行く
京急「みさきまぐろきっぷ」その5 モネが描いたような風景に出会う
京急「みさきまぐろきっぷ」その6 途中下車の注意事項
.
関連記事
2014.10.30 Thu | 国内探索| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill