FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- | スポンサー広告|
さ、さむい・・
機内放送で東京の気温は4度、と聞き驚く。ポルトガルは雨でも15度ぐらいはあり、日が照ると20度ぐらいに上昇していたのでダウンジャケットなしの日々。帰国した途端寒さが身にしみる。

結局出国時の気温と全然変わらない。徐々に春めいているのかと思いきや。旅行前に慌てて観梅する必要もなかったというわけか。

最終日、リスボンのホテルでネットをつなぐ予定が観光で忙しくなり諦めた。25日、ファロからリスボンにバスで移動。渡された時刻表では9:30発13:30リスボン着だった。ところが念のためにチェックアウトの前にバス停で確認したら、8:30発11:30リスボン着の直行便があるという。

ポルトガルってバスが便利で列車より早くて使い勝手がいい反面、事前にバスの時刻がわからない。いくらインフォメーションで聞いても乗る時間にバス停に来い、という返事。時刻表にない時刻にバスが出ていたり、時刻表と微妙に違う(10分違うとか)時間にぼんぼんバスが出ている。

まあおかげで今回予定より早くリスボンに着いたので、リスボン観光をやめて、ちょっと近郊のオビドスという町に足を伸ばしてきた。よってリスボン観光は帰国する日の朝から午後3:30まで。短時間で行きたい場所はすべて行くことができた。

リスボンの印象は・・・うーんなんかパリみたい。ヨーロッパ統合で、国の色が徐々に薄れているのだろうか。オリエント駅のあたりなんぞ、パリのラデファンスを彷彿とさせる近代的な様相だった。
関連記事
2008.02.27 Wed | Travel-Portugal| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。