日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
日本は左右対称の国?
以前アテンドをした英国人が、「平等院を筆頭に、日本ほど左右対称を貴ぶ国はない」、としきりに言っていた。

彼の趣味は写真。
左右のバランスが取れた対象物は、格好の被写体なのだとか。
「英国にはこういう構図はない!」


そしてつい最近、ブリヂストン美術館の「デクーニング展」でも似た様な話を耳にした。

生前デクーニングは、、富士山は左右対称すぎて嫌、と言っていたらしい。
靴を脱ぐ習慣も含めて好きになれず、結局イサムノグチに説得され不承不承来日したそうだ。

彼の出身地オランダ。ということは、オランダも非対称の国ということ。


普段余り気にしたことはないけれど、
確かに自分も美術の時間、左右のバランスありきで絵を描いていたような気もする。

印象的にアシンメトリーに思われる国立新美術館も実は結構シンメトリーみたいだ。
=>写真


ちなみにルネサンス時代のイタリア人画家は、他の国の画家に比べ、
左右の均衡を重視した、そんな話も聞く。

.
関連記事
2014.10.15 Wed | Society| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill