日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
「ジョルジョ・デ・キリコ -変遷と回帰」展は2014年10月25日から
シュールでメランコリック。
独特な雰囲気で、心にザワザワとしたさざ波を引き起こす20世紀の画家ジョルジョ・デ・キリコ。

その展覧会がパナソニック 汐留ミュージアムであると知り、イベントに申し込むなどして心待ちにしている。

とはいえ、彼の作品を良く知っているわけではなく。

ブリヂストン美術館・常設展の常連「 吟遊詩人」を見るたびに、傷ついた兵士=詩人の奇妙な取り合わせに首をひねり、
更にどこで見たのかよく知らないけれど、 「 街角の神秘と憂愁 」の無音の世界が気になって、
先日のチューリッヒ美術館展で「塔」の絵を見てソフトなキリコだな、と思い。


フシギな画家のこと、もっと知りたい。

*****

【展覧会概要】
タイトル :「ジョルジョ・デ・キリコ -変遷と回帰」
会 場 :パナソニック 汐留ミュージアム
http://panasonic.co.jp/es/museum/
会 期 :2014年10月25日(土)~12月26日(金)
開館時間:午前10時より午後6時まで(ご入館は午後5時30分まで)
休館日:毎週水曜日(但し12月3・10・17・24日は開館)
入館料:一般/1,000円 65歳以上/900円 大学生/700円
    中・高校生/500円 小学生以下/無料
    詳細は公式サイトにて

公式サイト:http://panasonic.co.jp/es/museum/exhibition/14/141025/
.
関連記事
2014.10.10 Fri | Art| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill