日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
皇居東御苑散策で、こんなトリビアと出会う
皇居 東御苑内天守閣跡そばに、
螺鈿のような淡いパステルカラーが煌めく不思議な八角形の建屋がある。

桃華楽堂といい、香淳皇后様(昭和天皇の皇后様)の還暦祝いに建てられたもの。


P1580048.jpg


いつも大ざっぱに眺めて通り過ぎるのだけど、
ある日、ふと見上げると、不思議なものがあるのに気が付いた。


この上の部分。

P1580049_20140925074817427.jpg



もう少しクローズアップしてみる。

八角形の手前に突き出ている建屋部分の屋根上に
おひな様が鎮座していたのだ。

P1580050.jpg


なぜ、なぜ?とサイトを見てみたところ、
ちゃんと意味があった。


皇后様という女性にちなんだ建物なので、
「鬼瓦」の代わりに、「雛人形」、、というしつらえなのだそう。


”雛瓦”とは、なかなかオツな計らい。
以来、この場所を通るといつも頭上を見上げ、黄金に輝くペアを拝んでいく私なのだった。
関連記事
2014.09.25 Thu | 国内探索| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill