FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
ポルトガル行き
先月の末、谷中ボッサという喫茶店に行き、ポルトガルの話を店の人からいろいろ聞いてきた。この店には、ポルトガルとブラジルファンの人がいる。話に触発されて店にあった地球の歩き方ポルトガル編を繰っているうちに、あれ?このファロという町聞いたことある。ちょっと行ってみたいな、と思った。

先週いっぱい休みがとれず、今週から羽を伸ばす気でいたので、もうこれはポルトガル旅行だな、とひとりで決め、この時期自転車レースなんてなかったっけ?アルガルヴェツアーって2月じゃなかったっけ?とチェックすると、丁度折りしもレースは今週からスタート。

しかもこのファロという町がゴールの日がある。うーむ、ファロの名前の聞き覚えがあったというのは、このレースがいつも立ち寄る町なので覚えていたのかもしれない。

まあとにかくタイミングはバッチリ。ますますポルトガルが私をいざなっている、と思い込み、飛行機を手配した。この時期かの地は雨季だそうで、念のため、ジムやサウナ、ジャグジーのある宿を手配しておく。といっても宿泊代は安い。ホテルの宿泊費に対してバカ高いのはネット料金だけ。

天気予報を確認したら、私が滞在する1週間はすべて雨。しかも雷雨。傘も大きいのを持っていこう。レースは2日のみ見て観光の予定だったが、雨がひどければ1日にするか、あるいは逆に3日に伸ばして雨が小雨の日を選ぶことにするとか。

このアルガルヴェというのはポルトガルの南で、ガイドブックでは僅か数ページ程度で終わってしまうような結構な(日本人ツーリスト的には)マイナーな場所。かといってちょっとうらぶれてひなびたポルトガルの旅情が味わえる場所でもなさそうだ。海辺の海水浴場なので、観光地化しているという。

というわけでこのアルガルヴェ地方の数日間の滞在は、時間をもてあまして飽き飽きするのか、はたまた雨でふさぎこむのか、はたまたポルトガルくんだりまで行って形だけジムという名の小部屋でストレッチに明け暮れるのか、うーん、自分でも予想がつかない。

本日夜出発。行ってきます。
関連記事
2008.02.18 Mon | Travel-Portugal| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill