日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
「ボヘミアン・グラス」展を、ワインとセットで味わう
スーパーで偶然こんなチラシを見つけた:
”「ボヘミアン・グラス」展とイタリアン・ワインの楽しみ方”


サントリー美術館「ボヘミアン・グラス」展鑑賞+美術展レクチャー+ワインセミナー+ワインテースティング(5種類)などなど、オマケがついた企画。


P1620088.jpg


本展は行きたいと思っていたので渡りに船、さっそく申し込み、先日行ってきた。

まずは展覧会レクチャー。見る前に基礎知識を浸透させることができた。
そしてワイン講座。イタリアワインの地域性の多様性など。

展覧会は今朝のエントリーで触れたとおり。
ボヘミアングラスの、繊細かつ煌びやかな歴史をたどることができた。


鑑賞後は、いよいよワインテースティング。
DUBLファランギーナ・スプマンテ、クマロコーネロ・リゼルヴァ、カンノナウリゼルヴァ、ソアーヴェセレオーレ、最後に微炭酸のデザートワイン。計5種類を、順にひとつずつ味わう。

ワインとともにオードブルプレートまで振舞われて、これはサプライズ。

・全粒粉、玄米など粉に拘った「浅野屋」自家製パン
・イタリア産のプロシュート生ハム、オリーブの実
・チリ産のスモークサーモンのヨーグルト添え
・イタリア産パルメジャーノ・レ・ジャーノ(24か月熟成)
・小岩井乳業「大人のチーズ」
・オーガニック「ドライフルーツ(フィグ、レーズン)
・グリッシーニ(イタリア)
・果物・・・シャインマスカット、長野パープル


写真 (49)


最後はお土産まで。
ワインの袋に入ったグリッシーニ。


写真 (48)


これらすべて込み込みで、お値段は正規の展覧会入場料を100円下回る1200円という太っ腹。

この企画、サントリー美術館があるミッドタウン内スーパーPrecceが、美術館とコラボで打ち上げたもの。
一緒にテースティングした人やスーパーのソムリエの方とフランス話に花が咲き、心地よい時を過ごした。

素敵な催しをしてくれたPrecceに感謝。
これからもせっせと買い物に行きます。


●サントリー美術館「耀きの静と動 ボヘミアン・グラス」展
●「ボヘミアン・グラス」展を、ワインとセットで味わう
関連記事
2014.08.27 Wed | Gourmet| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill