FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
秩父の芝桜
◆ 本日のつぶやき:
「”穴場”というのは(ネットがなかった)古き良き時代のもう取り返しのつかない現象なのだろうか」



絨毯のように広がる芝桜を実際にこの目で見て見たくて、秩父の芝桜の丘(羊山公園)へ。


最寄り駅は秩父。
近くはないけど、大げさな旅行という訳でもないこの微妙な距離、なんだか中学生の遠足気分。

芝桜というと、”緑地で咲いているつづじの引き立て役という立ち位置”の印象で、
このように主役として眺めるのは初めてのこと。

P1570644.jpg


濃淡異なる花々でつけられた幾何学模様。

P1570552.jpg


張り付きのカメラマンも。

P1570556.jpg


行ってみて気づいたこと。
花畑だけでなく、遠くに山並みが見えるこの非日常感がよい。

P1570566.jpg


ぎっしり植わっている場所と、周囲にスペースを設けつつ植わっているところがある。
品種の違いなのだろうか。

P1570649.jpg


そばにいた人たちが、「芝桜ってハート形なのよね」と言ってた。
確かに。

P1570571.jpg


それにしても最近「とっておきの内緒の穴場」が消滅しつつある。
ネットによる情報の瞬時拡散で、かつて空いていた「いい場所」が激混みの状況。
この日は朝早かったせいもあり羊山公園の混雑はそれほどでもなかったけど、時間帯によっては牛歩状態だったよう。

情報社会の恩恵を受けている身なのだから文句は言えないけれど、
穴場というのは古き良き時代のもう取り返しのつかない現象なのだろうか。


(一方で、どおってことない近所の人には見捨てられた場所なのに、
ネットで煽られたか、電車でわざわざ礼賛する人の数が半端でなく、
実際の価値以上に過剰に評価されてしまっている、、、と感じることもある。
例えばうちの近所の某所のように。
電車で帰っていく人たちの後ろ姿を眺めつつ、こんな所は都内ごちゃまんとあるのに踊らされちゃったのかなぁ
と悲哀を感じたり。)

P1570547.jpg


一帯は公園になっていて、芝桜エリア以外に散策もいい。

P1570585.jpg


ちょっと上った小さな山だから、到達するには通常コースと急峻コースの2つがある。
急峻な方は、帰りの下り道専用に近道コースとして推奨しているみたいだ。

P1570497.jpg


新緑を突き抜ける木漏れ日が気持ちいい春の1日だった。

P1570511.jpg
関連記事
2014.05.06 Tue | 国内探索| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill