日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
亀戸天神の藤の花
P1570745.jpg


都内には、花を売りにしている寺社が幾つかあって、
梅の湯島天神、つつじの根津神社、そして藤(更に梅も)の亀戸天神あたりがポピュラーなところだろうか。

うち、根津神社だけはつつじを拝むのに入場料(現在200円)が必要で、あとは無料という次第。

よくできたもので、根津神社のつつじ、お金を徴収する入口を過ぎない限り、
外からは見えづらいように工夫が施されている。

中へ入ると細い通路づたいに両脇につつじが咲き誇り、進みながら眺めるというスタイル。
ただ混雑時は(というか、これが毎度大混雑なわけで)、なかなかせわしなく、
広い敷地で「はいご自由にどうぞ」式に見られる方が性に合っている。

また、品種によって時期ずれで咲くものだから、中に入ってみたら赤が未開花で白色ばかりだった、
とか残念賞的な思いもしたりする。


というワケで、つつじは東御苑で堪能することとして、寺社の花、今回は亀戸天神の藤鑑賞を選んでみた。

スカイツリーが間近に見える場所。
今回は秋葉原からてくてく歩いてみたので、スカイツリーの足元付近をかすめつつ
浮世絵や相撲取りがらみの史跡パネルをチェックしながら
普段見慣れた光景とは一味違う東京を味わってみる。


P1570762.jpg

P1570712.jpg


藤もよく見れば、早咲き・遅咲きがあるようで、房の長いものが満開で、
短めのものは、やや終わりかけといった具合。

だからほらほら、まるで散った桜のごとく、に花びらがぷかぷか浮いている。

P1570769.jpg


開花時期が似通っているため、つつじとのコラボもいい感じ。

P1570738.jpg


P1570760.jpg


黄色い品種もあり、

P1570789.jpg


動物たちも戯れて、
ちょっと見づらいけど、こちらは悠然とした面持ちのサギ
その脇では写真にはないものの、鴨たちが、時に喧嘩したり、戯れたり。勝手気ままに遊んでる。

P1570700.jpg

アップで、サギ:

P1570792.jpg

もっとも亀戸といえば亀。

P1570695.jpg


その数半端じゃない。
観察してると、気を引くなどの駆け引きがあったりして、
人間でもあるあるこういうやりとり、みたいな亀ワールドが広がっているのだった。

P1570715.jpg
関連記事
2014.05.04 Sun | 国内探索| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill