FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
横浜紅葉狩り、わたしのお気に入り : 三渓園
今年も行ってきた、三渓園

P1510186.jpg


どういう場所かというと(公式サイトから引用):

三溪園は生糸貿易により財を成した実業家 原 三溪によって、1906年(明治39)5月1日に公開されました。175,000m2に及ぶ園内には京都や鎌倉などから移築された歴史的に価値の高い建造物が巧みに配置されています。(現在、重要文化財10棟・横浜市指定有形文化財3棟)



和歌山から移築された臨春閣は、もともと17世紀に旧紀州徳川家藩別邸として建てられたもの。

狩野永徳の襖絵(復元)や、

P1510220.jpg


狩野探幽の襖絵(復元)がある。

P1510216_20131202081817f8b.jpg

P1510215.jpg


このように古建築を各地から集め、移築した所に特色があり、
一部やはりサイトから引くと:

1902年(明治35) 古建築の収集をはじめる。"旧天瑞寺寿塔覆堂"を入手する。
1907年(明治40) 鎌倉山之内から"東慶寺仏殿"を移築する。
1914年(大正3)     京都相楽郡加茂の燈明寺から三重塔を移築する。
1922年(大正11) "聴秋閣"を移築する。

などなど。


こちらは聴秋閣。
徳川家光が二条城内に建築したもので、春日局が賜った。
京都から江戸の二条家に移築され、最終的にこちらに移されたもの。

P1510321.jpg

P1510330.jpg


白川郷の合掌造民家があったり、自裁も様式もさまざま。

桃付き?鬼瓦の門をくぐる。
富士山が見渡せる見晴台や三重塔へと続く道。


P1510382.jpg


旧天瑞寺寿塔覆堂。
彫られた天人の華やかさ。
母の長寿を祝うため、豊臣秀吉により建てられた。


P1510254.jpg

P1510378.jpg

P1510257.jpg


移築とともに、自身で建てさせた建造物も多々。
さらに、一流画家に依頼した絵画もさまざまあったそうだが、
残念ながら消失したものばかり。

関東大震災の罪深さ。

大正初年 下村観山、松風閣の障壁画「四季草花図」を描く。前田青邨、鶴翔閣に滞在し、「御輿振り」を描く。安田靫彦、前田青邨、小林古径等を招き、古美術鑑賞研究会を開く。
1913年(大正2) 横山大観、鶴翔閣に滞在し「柳蔭」を描く。


P1510352_20131202082118308.jpg



数年前、12月中旬に訪れたときは、紅葉末期の姿だった。(以下)

散り去った葉を恨めし気に見ながら歩いたのを覚えているが、
今年よりも赤が鮮やかだった。

今回は、時期が早すぎたのか。
それとも小石川後楽園同様、今年の色は今一つなのか。

P1990018.jpg

P1990096.jpg

P1990102.jpg

P1990003.jpg
関連記事
2013.12.02 Mon | 国内探索| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill