FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
定説がひっくり返るとき
赤ちゃんには日光浴、という定説が崩れ、いまや紫外線による悪影響を考慮し、母子手帳からも日光浴推奨項目は消えたと聞く。

結局、今現在支持されている考え方にしても、将来的にNGとなる可能性もあるわけだ。もしかしたら、今スゴクいい、とされるアンチエージング手法が将来全然違う方向に向かうことだってあるかも?

でもって、新聞で読んだ最近のガンと食物に関する定説: 最近ガンに関する研究が進み、食物とガンの関係についてある程度有意な結果が出ており、乳がんには肉がよくないというのはほぼ間違いない。ただし肉といっても加工肉、牛、豚で、鶏肉は除く。

以前漢方に精通した友人が、人間が牛と豚肉を食べるのは本来的には正しい流れではなく、人間には鶏肉が向いているのだ、と言っていたのを思い出した。

すぐに感化される私は、さっそく鶏のささみ肉を買ってきた。何も考えずに買ってきたので、何を作ろう、、と台所でしばしにらめっこ。残り野菜をごちゃまんとのせ、さらにチーズをのせて蒸してみた。おいしかったけど、牛由来のチーズをのせたら、ささみ効果も半減しちゃうかな、とあとで思った。

でもこの定説、本当に信じていいのだろうか?以前植物繊維はガン予防になる、というのが定説だったけど、今や、因果関係が認められないという説も浮上している。

そもそもお茶を飲む人はxxxがほかの人よりxxxだ、とかいう説にしても実証されたといっていいものやら。お茶を飲む人はアミノサプリもよく飲む、という相関関係が成り立つとすると、実はそのxxxの効果っていうのは、アミノサプリのおかげかもしれないわけだ。

タイムスリップして、100年後の定説を拝見してみたい気もする。
関連記事
2008.01.17 Thu | Society| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill