FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
三菱一号館の「Cafe1894」は、「半沢直樹」のどのシーンに登場したか
◆ 三菱一号館の「Cafe1894」は、「半沢直樹」のどのシーンに登場したか


2013年8月25日放映のTBS日曜劇場「半沢直樹」に、例のCafe 1894が登場した。

ロケが行われたことは事前に聞いていたので、銀行の場面で使われるのかどうか、興味津々だったのだが、
そのまま喫茶店としての利用だった。

丁度昨日、三菱一号館美術館の浮世絵展第3期を見に行った折りにランチでこの店を再訪。
その時の写真と、TVに登場した場面を比較してみると -


まず、本シーンは天井の豪華装飾を見せつつ、俯瞰的なアングルで始まる。

P1430903.jpg


我が写真でいうと、この一枚が近いだろうか?
半沢たちは、フロアの中央に着席。我々は、壁際だった。

P1430828.jpg


半沢御一行様が座った場所。
手前にパティションが見える。これは

P1430908.jpg


手元の写真にも、このパティション入りのものがあった。

この建物が三菱銀行として使用されていた際、銀行の窓口として使われていた名残だ。
改築の際も、当初の形態をそのまま残したようだ。

P1430830.jpg


座席側でなく、入口側からこの部分を撮影したものがこれ。
この小窓越しに店内を眺めてみる。

IMG_5053.jpg


さて、この場面が使われたのは会合シーン。

半沢、渡真利、大学の同期 油山の3人でこのカフェで会い、「伊勢島ホテルが臭い」、という見解で一致する。

P1430907.jpg

背景に、雑誌が置かれているのが見える。

P1430911.jpg


我々が座った場所からは、雑誌のラックは見えなかった。
これら雑誌は撮影用に置いたものか、当初からあったのかは不明。

だけどさりげなく、三菱一号館美術館で開催される展覧会のチラシが
(意図的に!?)見えている。


このラックの先はこのように引き出しになっていて、
これも銀行当時の姿だったのだろうと想像。


P1430832.jpg


さてこの日、食したのは、浮世絵展用のスペシャルランチ、その名も
「浮き浮きちらしセット~穴子のかわりちらし~ 」。
会期中(~9/8)までの期間限定セット。

オードブルはノルウェーサーモン、柚子大根、ローストビーフ巻き、さつまいもの含め煮、
なめらかで感動したコーンスープ。焼きコーンを添えて。


P1430837.jpg


アナゴちらし(鴨バージョンもあり)

P1430841.jpg

デザート(フルーツゼリー)

P1430846.jpg

以上で1500円ちょっと。
これにコーヒーを追加。

525円のコーヒーは、たっぷり。
カップが神殿の太い柱のよう。

後でお会計を見たら、ランチ割リ引きでコーヒーは300円になっていた。

P1430848.jpg


店外観。

P1430853.jpg


メニュー:

P1430852.jpg


ほんの数分のカットだったけど、これだけ自分の中で盛り上がれて、
おめでたい、おめでたい。
関連記事
2013.08.26 Mon | Gourmet| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill