FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
近頃のドイツ土産
ドイツ土産というと、どこか無骨であか抜けないクッキーなどのイメージだったけれど、
このほど手に入れたお土産は、なかなかステキなのだった。


これは、北ドイツにある珠玉の町、ツェレのお土産。

一見、単なるエスプレッソカップのようにみえるのだが -


P1420035.jpg


よく見ると、町の名前「Celle」を洒落た格好で披露している。

Ex(Celle)nt =エクセレント という文字に、町名を挟み込んでいるのだ。


P1420033.jpg


ツェレの町は私も行ったことがある。
カップの図柄の通り、可愛らしい家並みが続く。

P1420030.jpg


私が行った時はさほどでもなかったけど、今では観光客が
大挙して押しかけているそう。

今年行ったヴェルサイユやヴァチカン博物館もそうだけど、どこもかしこも、
欧州にある観光にもってこいの場所は、以前より大混雑するようになり、気軽に見ることが難しくなってきた。

アジア方面からの観光客も随分ここ最近増えているのだろう。

P1420031.jpg


2つ目のお土産は、紅茶。

外観も好ましいけれど、

P1420036.jpg


メーカーが東インド会社とな。

あの植民地時代の、東インド会社の系譜のよう。
なかなかレアな雰囲気。

ロンドンが本店のようなのだが、ロンドンで見たことはなく、こうして
ドイツでドイツ土産っぽく売られているらしい。

(注:・・・と言い切ったが、ロンドン・リージェントストリート脇に店を構えているそうで
イギリスでも実はメジャーで、私が知らないだけだった模様。皇室御用達マークは
確かに付いている。)


P1420037.jpg


今回父がふらり一人旅をしてきたのは、北ドイツのお気に入りの地や
未踏のエリアの名もなき小さな村。

足場とした宿泊地はハノーヴァーとゴスラーだったそう。

ゴスラーは私もツェレとともに以前訪ねているのだが、今回、こんな偶然があった。


ゴスラー訪問時、私はこんな写真を撮ってもらったのだが、
この背景に映っている要塞のようなホテルに、父は今回宿泊したという。


P1420028.jpg


ゴスラーは好感度抜群の町だった。

観光地というより、地に足をつけて人々が済住んでいる場所。
どこまでも美しい。

P1420029.jpg


訪問する何年か前に世界遺産に登録されていたらしいのだが、
私の方は全くそんなことは関知せず。
インターネットが普及する直前の話だから無理もない。

たまたま何かの本の一ページに出ていた写真で気に入って、フランクフルトから
日帰りを決行したのだった。


P1420026.jpg


お土産番外編。
ルフトハンザの機内で渡される旅行キットまでおこぼれに預かった。

P1420043.jpg


エールフランスの化粧セット入りポーチよりも垢ぬけている。

P1420041.jpg
関連記事
2013.08.18 Sun | Travel-Germany| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill