FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
超未来的宗教画
ルーブルのイタリア絵画コーナーで気になった絵:

P1210004.jpg

空飛ぶ聖者、壁から出てくる人。
なんだかSFみたいで夢がある。

1437-44年ごろの作品で、作者はステファノ・ディ・ジョヴァンニ(サッセッタ)。

タイトルは、
「le Bienheureux Ranieri Rasini délivre les pauvres de la prison de Florence」

とのことなので、フィレンツェの牢獄から貧者を解放する聖ラニエーリ・ラジーニ。


なるほど貧しい人たちを救済しているるシーンというわけ。

この時代にこんなファンタジー溢れる絵が描かれていたことに驚く。


当該聖者の名前は聞いたことがないけれど、キリストの奇跡同様、
いくつかの奇跡を招いたことで知られる聖者なのだろうか。


牢獄が薄っぺらい張りぼてみたいなところはご愛嬌。

エンジンがついたような聖なる人物は、ちょっとロケットを彷彿とさせ、
なかなか当時にしては前衛的な画家ではないか。
関連記事
2013.08.14 Wed | Art| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill