FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
パリ・オペラ座
パリを訪れたのはこれで何度目か知れないけれど、オペラ座をしげしげと眺めるのはこれが初めてだったかもしれない。

学生旅行でヨーロッパ主要4都市をまわったとき、パリの滞在は1週間と比較的長かったので、
それですっかりパリ観光は終えてしまった気になっていたようだ。

以来パリに行っても、観光地はもういい、そんな感覚があって、美術館(及びツール最終日のシャンゼリゼ)以外にあまり興味を示さずにきた。


でも今回は宿がオペラ座そばだったため、いわゆる観光地に触れることとなり、
この界隈は未踏の地だったことに気づいたのだった。

朝7時前に到着したので、人が集まる前に1枚写真を撮る。
パリ・オペラ座。


P1370386.jpg



ルーブル宮にある「N]の字はナポレオンを表すと聞いた。
このNも同じかな?

P1370395.jpg



ウケたのはこれ。
およそミスマッチな怪物顔。

遠めではこんな様相になっているとは気づきにくい。
近くから見た人だけのお楽しみってとこか。

P1370398.jpg



ズラリ7つ並んだ彫像。
字は見にくいけれど、なんとか読める。

P1370389.jpg


ロッシーニ。

aP1370389.jpg


これはー

P1370391.jpg


ベートーベン。

P1370393.jpg


アルベール

aP1370393.jpg


やはりモーツァルト

P1370388.jpg



彫刻に目を転じれば、楽器を持つ人々。
そうか、音楽がテーマ。

P1370396.jpg


こちらはひときわ目を引く。
なんとなればー

P1370400.jpg


女子に踏みつけられる男子の構図:

aP1370401.jpg


頭上には黄金の彫刻。

バッキンガム宮殿を彷彿させる。

P1370385.jpg



今回時間の関係で果たせなかったが、内部見学もできる。
シャガールの天井画があるそうだ。
関連記事
2013.08.12 Mon | Travel-France| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill