FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
国立公文書館「近代国家日本の登場―公文書にみる明治―」
 幕末のパスポート:写真の代わりにどう本人を判別したかというと・・

4月、東御苑から竹橋近代美術館に向かう途中、ふと思い立って国立公文書館に寄ってみた。

入館無料。以前入ったことがあるけれど、しかつめらしい公文書と向き合っても
ふうん、という感じだった。

でも今回は、「近代国家日本の登場―公文書にみる明治―」という触れ込みに惹かれた。

P1310745.jpg


講和条約などもあり、これであの戦争は終結したのか、
などと感慨深かったりしたのだが、なんといっても
ウケたのが、これ。

幕末のパスポート!!(写真中央の折り畳み式の紙がそれ)

館内写真OKでした。


P1310742.jpg


写真貼付の代わりに、本人の特定は、文章。
年齢:23歳
身長:高き方
眼:小き方
鼻:高き方
口:常(?)

なんともアバウトな~!

当時旅券をとれる人なんてそんなにいなかっただろうから
それでよかったのかもしれない。(?)

氏名は亀吉、とある。

P1310743.jpg


昭和の旅券はこれ。

P1310741.jpg


英国大使に任命された林薫氏の任命書。
天皇の印「御璽」がなんとも立派。

P1310732.jpg


爵位関連の公文書。

P1310689.jpg


そんなこんなで、かなり楽しめたのだった。
関連記事
2013.05.23 Thu | 国内探索| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill