FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
ローマ時代と現代の融合
ローマは本当に街を歩けば遺跡にぶち当たる。

柵で囲われて、遺跡出ました!といった感じで隔離されているところは
有数な歴史的建造物だったりするのだろうけれど、
そのまま放置状態のものも多々あって。

或いは、それらを生かしつつ、ちょっと無理やり
建物の一部に組み込んでしまう手法も散見された。


それは教会の一部であったり -

P1350022.jpg

P1350023_20130515074210.jpg


レストラン入り口の部分であったり。

P1330970.jpg


綺麗に残存する城門跡はそのまま本来の存在意義を誇示するかのように堂々と見せびらかされ。

日常生活の折々で、これだけ古き時代が目の前に登場すれば、
ローマ時代を意識せざるをえず、意識が現在と過去の二層構造になる気がするけれど、
長年暮らして見慣れてしまえば、いにしえも現代の一部として素通りしてしまうのだろうか?


P1340808.jpg


ちなみにツーレが持参している茶色いエコバッグ。
ツールド北海道の友人のお土産。

これが絶賛海外出張・旅行で活躍中。

・布製で、持っていくときは場所をとらない、
・軽い
・これをひょいと肩にかけていると、買い物途中の風情(中には半一眼レフのカメラとか入ってるけど)
・つまりスリに狙われにくい感じを醸せている?(唯一地下鉄で狙われたときは、彼はスーツケースを持っていた)
・どんないびつなかたちの物をいれても対応可能。
・クマが自転車に乗っている図柄で、相手を油断させやすい(?)


この格好ならあんまり旅行者っぽくなくて、余り金銭持っている感じもせず
滞在中はすべてこのスタイルで通した。

もっとも貴重品は全て私が持参してたわけで、狙われても何も出てこないわけだけど。
関連記事
2013.05.15 Wed | Travel-Italy| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill