FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
ゴールデンウィークのヨーロッパ行航空券・ホテルは、直前でも取れるかどうか・実証
5月のゴールデンウィークは休みが取りやすいけど、ヨーロッパ旅行はチケット手配が大変そう、
まして直前の手配なんて絶対無理、、、そんな先入観念があったのだけど、
実際行動を起こしてみたら、思ったほどではなかった。

2週間前の手配でなんとかなったし、信じられないような法外な価格でもなかった。

ということで、ご参考までに体験談。


~~~

さきほどローマより帰国。

4月にツーレが異動になり、お盆とGWにしか休みが取れないことが判明し、急きょ旅行を決行。
バタバタだった。

GWまっただ中に欧州旅行なんて初めて。
無理だろうと思ったのだが、会社の友人が少し休みをズラしたら、楽勝で取れる上に
金額も安い、と言ってたので、休みをずらすことはできないけれど、とにかく
エアフランスのサイトでチケット予約状況を調べてみたのだった。


----- 航空券予約編

● 15日前にエアフランスのサイトに行き、パリ経由ローマ行往復を予約。座席は・・・空いていた。

● 但し、その前日に見た時は予約可能だったいい時間帯のローマ~パリ便が、わずか半日後には満席になってしまっていた。(仕方なく、乗り継ぎ時間が長めの1本前のローマ~パリ便を慌てて予約)

  10時過ぎ発ローマ~パリ 13:30発パリ~東京の代わりに
  07時過ぎ発ローマ~パリ 13:30発パリ~東京 となった。

そのためパリで4時間待ち時間があり、散財したという始末。ただ、乗り継ぎが1時間半で、バタバタするより、結果的によかった。というのも、いつものターミナル2Eが工事中なのか、全員乗り継ぎ便へはバス移動させられたため、時間がかかり、1時間半の乗継時間では、焦っただろうな、と思ったのだった。


● つまり、直前でも刻々と予約が入るので、行くと決めたら即行動が大切。

● 値段は、少し時期をズラした友人は往復10万円弱だったそう。(GW終了後に帰国)私たちは4月29日から月6日(祝)まで丸々GW期間中だったので、それよりかなり高くなるが、真夏よりは安い感じ。一人エコノミー往復185,000円だった。

● 問題は座席。行きは、2人バラバラの席のみ予約可能、帰りは座席は予約不可と。直前のEチェックインまで待てば取れるかもしれないが、リスクあり。

● 行きは隣り合わせは無理でも、一人置いて後ろという席があったので、とりあえず予約し、前日Eチェックインの時に座席変更。結果、後方の窓際にある2人席(後方の窓際はみ3人席から2人席になる)に予約できた。

● 帰りは欧州滞在中にEチェックインなので、タイミングよく予約できるかわからない。リスクを考え、座席のグレードアップをした。追加一人9000円ちょっと。

● 座席グレードアップは、予約サイトでたまたま見つけたもの。アッパーデッキの予約なら、追加料金で今すぐ可能、と出ていた。アッパーデッキといってもいわゆる昔のビジネスクラスの2F席でなく、1Fと2F の縦並びのエアバスだったため、単に上側という事。中央4人席の端2人分を予約。メリットは足が伸ばせること。非常口の並びの中央席なので、足を伸ばしても前の席に届かない。ある意味プレミアムエコノミーに近いかも。これがたった9000円の追加で予約できるなら、お得というもの。


----- ホテル予約編

さらにホテル。いつも通りBooking.comで予約。

6泊のうち、5泊はローマ市内。1泊は空港そば(朝7:10のパリ行で帰ったため)。
最終日空港そばの宿は、難なく取れた。

問題は市内。Review評価がよく、コスパがいい宿での5泊スルーは無理だった。

よって2つに分けて予約。
Review9とReview9.4にそれぞれ、3泊&2泊宿泊。

前者はペンション、98ユーロ朝食付き。テルミニ駅へのアクセス抜群。
後者は210ユーロ豪華朝食付き、コロッセウムそば。なにからなにまでモダン。
空港ホテルはスイートルームの広さ。89ユーロ。空港送迎付き。朝6時前なら+10ユーロ(3人以下の1グループ当たり)

全く違う種類のホテルを体験したかったので、こういうチョイスになった。
全て満足。ただし、思わぬ難点!?(恋人同士の宿泊客に対する過剰サービス設備付き)があったホテルがひとつ(いずれまた)。


----- 観光編

ボルゲーゼ美術館は予約がないと入れない。しかし旅行を決め飛行機・ホテルを抑えた途端、ウィルス性の病気でダウン。
よって、美術館予約をする気がせず。

出発数日前になんとか行ける目途がたったので予約サイトへいったら、数日前まではまだ空きがあったのに、あっという間に満杯で、空港への移動日の13時―15時までの部しか空きがなく、慌ててそれを購入。

ヴァチカン博物館もしかり。予約がかなり売り切れていたので、これは予約なしだと大変なことになる、と慌てて予約。この予約をしていなかったら、悲惨だっただろう。なにしろ予約なしの列は気が遠くなるほど長かった。(予約専用入り口の方はまったく並ばず入れた。その後いくつか関所はあるけれど。)


というワケで、5月の連休中ぴったりの旅行でも、直前での手配は可能であることが判明。


もっとも、スルーで宿が取れない、飛行機の座席確保がすんなりはいかない、美術館の予約はぎりぎり、といったことがあり、やはり早めに予約していた方が、理想に近い旅行を実現できるのであろうとは思うけれど。
関連記事
2013.05.06 Mon | Travel-Others| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill