FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
ホテル激戦区 博多のコスパ抜群の宿
博多出張で泊まったホテル「フォルツァ博多」。
オープンして1ヶ月ということもあり、快適そのもの。

同行する同僚が探してきた。

彼女は、ベッドが150㎝、部屋が獄狭なのはイヤ、ということで、
基準を満たしたのがこのホテルだったそう。

6500円朝食付き。

入ると、ロビーはこんな感じ。レセプションの対面。

P1280233.jpg

飾り用陶器が置いてあるなど、ビジネスホテルっぽくない。

P1280275.jpg

さらに別途休息用のコーナー。
パソコンあり。

P1280229.jpg

コーヒー無料。

チョコチーノなんていう飲み物まである。
トライしなかったけど。



さて、お部屋。
iPadが全室に。

これでツイッターをやってきた。

P1280198.jpg

TV大きい。

P1280191.jpg

スタンドお洒落。
ティッシュの右の白黒の物体は電話機。

スリムでこれもお洒落。

P1280206.jpg


どんなタイプの携帯も充電できる充電機付き。
試しに会社用のブラックベリーを充電してみる。

P1280277.jpg

宿泊案内は、机の上には置かれていない。
でもガラス張りなので、どこにあるかは一目。

P1280220.jpg

フィルターコーヒー付きで、コーヒーも淹れられ。

P1280213.jpg

マッサージ器付き。
5こ上の写真のクッションらしきものが、広げるとマッサージ器になる。

P1280214.jpg

加湿器。

P1280193.jpg

アメニティは、櫛でなくてブラシなのがいい。

ダブルで・シングル兼用の部屋なので、コップと歯ブラシはつ。
コップも歯ブラシも、白と黒1つずつで、色違いにしている配慮。

手と顔用のソープは、ムースタイプ。


P1280200.jpg

シャンプー・コンディショナーはラベンダー。
ボディソープはアーモンド。

P1280201.jpg

女子には別途アメニティ追加。
乳液、化粧水、お風呂のアロマパウダー、ヘアバンド、とか。

P1280211.jpg

朝食。
バイキングは種類豊富。

パンは一種類だけで食べなかったけど、和食が充実。
(イチジクのジャムがおいしそうだったけど。)

地鶏から揚げ、地鶏のオムレツ、聞いたことのない地元のこんにゃくみたいなウドだかなんだか、
明太子も新鮮そのもの。
ご当地料理の数々。
魚、ひじき、きんぴら、納豆などスタンダードなものもあり。
ほかにフルーツ。

P1280223.jpg

フリードリンク。
デザート3種。

P1280227.jpg

朝食抜きだと5500円。
朝食だけだと1000円。

満足度195点。

200点未満なのは残念ながら、枕が合わなかったこと。
2種類あるけど、どちらも高すぎて、首が疲れて夜中に目が覚めてしまい、
枕外してタオルを引いた次第。

でも文句なし。
すべてこじゃれていてセンスがよく、ビジネスホテルとはいえないほど。
(外見は目立たないんだけど。)
関連記事
2013.01.29 Tue | 国内探索| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill