FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
正月ミサと和太鼓
新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。


例年のような初詣は後日にとっておき、今年はサレジオ教会でミサに出席。
クリスマスミサを逃した穴埋に。

洗礼を受けている信者の人たちがほとんどだったけど、
HPには誰でもOKとあったので。


最初に案内の方に簡単な説明を受ける。
写真はミサ前ならOKとのこと。

邪魔にならぬように、そそっと撮影。

P1270333.jpg


そして今年も和太鼓のパフォーマンス@ヒルズ。
パフォーマーは、去年同様、「和太鼓道場ドンドコ」。

おっと、女性の装束が、今年は格段にアップしている。

P1270520.jpg


ちなみにこちらが去年。

P1020339_20130101192744.jpg


ドレスアップした女性たちの笑顔が、なんとも輝いている。
足を踏ん張って、かなり腕っぷしが問われ、キツイ作業だと思うのだが。

P1270568.jpg


女性たち、頑張ってるなぁ、という印象。

P1270594.jpg


もちろん男性陣も。

P1270545.jpg


よく見ると、股関節を相当鍛えているのだろう。
ポーズ名でいうと、いわゆる「ランジ」と呼ばれる前後の開脚スクワットで相当トレーニングしているのでは。

足を前後にかなり踏ん張っている。

P1270528.jpg


1日の都内・お正月らしいイベントとして、去年からブックマーク状態のこの催し。
私が見たのは12:30からだけど、13:30、14:30にもある。

さらに2日にも予定されるよう。

P1270413.jpg


引いてみると -

P1270379.jpg


さらにもっと引くと、ちょっと未来都市のよう。

その真下ですっかり和なイベント。

P1270378_20130101191752.jpg


途中、和太鼓のパフォーマンス紹介の相撲甚句も登場し。

P1270576.jpg


和太鼓を聞きながら、13時からの振舞酒のために列に並ぶ。
お酒はなくなるまで配られる。
かなり延々と振舞われていた。

こちらは鏡開きの様子。
鏡開きって、お餅のお供えを崩すことだけでなく、樽酒を振舞う時にも使うらしい。

司会者の方が、鏡開き!と言っていたので。
樽の蓋を鏡というらしく、割るという言葉は縁起が悪いので、開く、というそう。

にしても写真を撮りながら、ロードレースのシャンパンファイトの写真を撮ったときを思い出した。

しぶき+お酒の組み合わせによる発想だ。

P1270611.jpg


頂いたマスには、六本木ヒルズのロゴが入っている。
これが欲しくて今年は和太鼓の演奏が終わらぬうちに、祝い酒の列に並んだというわけ。

P1270627.jpg


獅子舞。

今年も頭部を噛んでいただいた。

所謂魔除け。

P1270645.jpg
関連記事
2013.01.01 Tue | 国内探索| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill