FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
切手と原画の並行展示; 原田泰治 [ふるさと心の風景]展 (逓信総合博物館 ていぱーく)
仕事の大きな山をひとつ越え、仕事納めのはずの今日は有給をとって休むことにした。

気づかぬうちに、結構神経を使っていたらしい。ちょっと疲れた。

そんな矢先に目に入った原田泰治さんの [ふるさと心の風景]展の内覧会
(本日11時から)のお知らせ。

午後に用事を入れていたけれど、その前に行くには丁度いいタイミング。

さらに、小さい頃、切手収集が趣味だった私向きのようだ。

なにより原田さんのほのぼのとした日本の風景の絵に癒されたい!
というわけで申し込んだ。

本展覧会は平成25年1月3日から3月31日まで逓信総合博物館 ていぱーくで
開催されるもの。

画家・グラフィックデザイナーの原田泰治さんの原画が「ふるさと心の風景」
という切手シリーズになっており、原画と切手の同時展示なのだった。


どちらかというと地味なていぱーくの展示なので、ささやかなものをイメージしていたけれど、
工夫が凝らされた見ごたえのあるものだった。


特に感じ入ったのは下記の点:

● 80年代の絵と、ごく最近の絵で、筆致が変わらず丁寧で、2つ並べてどちらが以前の絵か、
当てることはできなかった。
時が経つにつれ、筆さばきは変化するのが普通だし、得てして簡素化・軽妙化するものなのに、
長年ずっとブレることなく丁寧に緻密に描き込んでいる。
その生真面目さに心打たれた。


● 絵の脇に当該切手が並べてあるのだけど、切手の縦横比ぴったりの絵ばかりではないので、
うまく切り取ったり、或いは1つの絵を2枚の切手(あるいは4枚)に分けているものもあった。
絵を生かすための切手作り、という郵便事業者側の創意も感じられた。



~~~ 以下、ちょっと詳細 ~~~

オープニングの原田泰治さんのトーク。

包容力のある話しぶりが印象的だった。

人格者であることを感じさせる。

内容一部:

● 北海道から沖縄まで47都道府県を旅して描いてきた。

● 日本は変わったけれど、まだまんざら捨てたもんじゃない、という
いい風景に出合う。

● このふるさと心の風景シリーズは、好評を博し、1億8800万枚!も売れた、
とのこと。

● 逓信協会第56回前島賞を受賞し、授賞式が行われたのは、まさに去年の311の日だった。
虫の知らせか、早めに抜けることにした。それが地震が始まる30分前のこと。

あの時脱出していなければ宿泊していたホテルの10Fに取り残されることになっただろう。
(車いすを使用されているので、エレベーターが止まると身動きがとれない)。

● 20代の女性が出てくる絵がないけれど、平日ああいう場所ではおばあさん、
おじいさんにしか会わない。若い女性に会うことは宝くじより確率が低い。嘘は描けないので、
必然的に老人の絵が多くなる。



原田泰治さん。ハリのある語り口。
P1270216.jpg


ガラスケースには、前島賞のメダル。

そして右側が、平成20年と21年に発売された「ふるさと心の風景」シリーズの切手シート。

よく見るとー

H20年とH21には3種類のシート(切手各10枚ずつ)が発行されたのに対し、
ガラスケースの左側におかれた今年のシートは4種類(切手各10枚ずつ)。

となると10枚x4(シート)で合計40枚の原画がここに展示されているのか、と思ったが、
数が合わない。

チェックしたら、1枚の原画を2つの切手に分割しているものもあったため、
切手の数=原画数ではないのだ。


P1270237.jpg


こんな感じで絵と切手が並べてある。

この切手シリーズのために描いた絵もあるそう。

確かに最近の絵の中には、郵便屋さんや郵便ボックスの絵が
何気に織り込まれているものがいくつかある。


P1270238_20121228210208.jpg


さらに、その絵を描いた情景へのコメントも絵の脇に添えられてあり、言葉の方もほのぼのしている。

切手の方はといえば、原画が小さくなってギュッと押し込められ、それはそれで愛らしい。

私は原田さんの切手は持ってないなぁ、最近は収集もやめてしまったし。

でも、昔集めた切手をちょっと探してみたくなった。

私が集めだしたキッカケは、切手収集が趣味の父に感化されたもの。
父の収集癖は、郵便事業を支えたいという気持ちが源だったようだ。

P1270228.jpg

公式サイト:
http://www.teipark.jp/event/event.html#5
関連記事
2012.12.28 Fri | Art| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill