FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
静岡にもあった!ロダンのカレーの市民!
先日、イギリスで見たロダン作カレーの市民の話を書いた。
国立西洋美術館のみならず、あちこちにある話とともに。

さらに、静岡にもあったという発見が:

Email from 寒すずめさん

ロダンの「カレーの市民」ですが、静岡県立美術館にもあります。
ただしこちらでは一体一体個別に展示されています。
群像としての鑑賞はできませんが、逆にひとりひとりの様子や感情を
個別に見ることができるのです。群像だと見づらい隙間もじっくりと
見ることができるので、また違った鑑賞方法ができると思います。
「カレーの市民」を含めてロダンの作品がまとめて展示してあるこのロダン館は、
展示室が立体的な造りになっており、様々な角度/高度から作品を鑑賞できるのも
おもしろいところです。高いところから見る「地獄の門」が売りですね。
機会があったらぜひお立ち寄りください。(ちょっと交通が不便かも知れませんが)


おや、静岡にもあったのか。
個別の彫像だと表情や衣服の感じがまた際立つのでは。

静岡県立美術館のサイトに行ってみた。


企画展とロダン館の構成であるようだ。
各方面に、個性的な美術館がある、という話は良く聞くけれど、知らない美術館だらけだ、日本列島。

よく都内の企画展に行くと、ひろしま美術館からの借り物、という表示を見かける。
ひろしま美術館もいつか行ってみたい。

ほかに島根県の足立美術館も庭園や
徳島の大塚国際美術館、
中学生だか小学生のとき以来行っていない大原美術館など、絶対行ってみたい。
関連記事
2012.11.18 Sun | Art| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill