FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
イギリスで、3億3千万年前の植物(それもボロボロではない)がみられる場所
朝の散歩で、クロムウェルロードを1.5㎞ほど歩いた。
行き先はセンツベリー(スーパー)だった、というオチなんだけど。
朝早くから開店していて、ミネラルウォーターを一気買いするつもりだった。

なにしろ宿には湯沸かしはあるけど、水道水は「飲むな」と書いてある。
サウスケンジントンあたりは環境抜群だけど、ヴィクトリアあたりと違って、スーパーに事欠く。

で、散歩がてら、てくてく出かけて行ったのだけど、いいもの見つけた。
これ。

P1160502.jpg

とはいっても、散歩の途中道すがらに見えたときは、尖塔の先っちょだけ。
でも、なんだかすごい建物が、何気に林の向こうに見えるよ、と好奇心。

その時は中に立ち入りはしなかったものの、後日そばを通った時にそのものの正体を確かめるべく近づいた。

なんと寺院ではない。
博物館だった。
ナチュラルヒストリーミュージアム。Natural History Museum。

P1160482.jpg


まあ、上野の国立博物館みたいなものですな。
丁度ロードレースを見に列車で1時間旅して還ってきた日のことで、
時間もあったので、中に入って恐竜とも対面してきた。
建物の中の造りもゴージャスで、感激。

でも一番驚いたのは庭にあったこれ。


P1160495.jpg


3億3千万年前の「木」だという。
下石炭期、と書いてあるけど、イコール氷河期ということだろう。

いきなりそう言われても、樹齢100年の老木と、樹齢3億3千年のこれの違いが、
その見かけの年齢差ほどでないことに驚愕だ。


P1160487.jpg

年輪を見てやろう、と思って別の角度で見てみたが、ここまで古いと、つるりんとしているのだった。

気が遠くなるような天文学的数値と、この物質のリアルで普通っぽい見かけのギャップに
ただただ戸惑うばかりなのだった。


P1160488.jpg
関連記事
2012.08.08 Wed | Travel-England| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill