FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
ロンドンにて/ ロープーウェイで見下ろしてみる
昨日と今日で、黒焦げになった。
カンカン照りの日差し。
今日は29度とのこと。

荷物節約で防寒具をもってこなかったので、個人的にはうれしいが、日焼けが恐ろしい。

ツーレは、事前の天気予報の最高13度とかいうのを気にして、冬物をいっぱい詰め込んできた。
が、ここ数日で、イギリスの天気予報が大幅修正になり、まったく不要になりそう。

P1090490.jpg

さて、今日は名物のロープーウェイに乗車してみた。
こちらでは、ケーブルカーという名称だけど、見たところロープーウェイ。

行列覚悟だったが、そんなものはなく、待たずにすぐ乗れ、肩透かし。

P1130735.jpg

O2スタジアム。

P1130698.jpg

速度が意外に早くて、そのせいで空いているのかもしれない。

P1090274.jpg

次に目指したのはタワーブリッジの五輪マーク。
まずは東側から。

P1090329.jpg

次に西側から。

P1130933.jpg

東側から西側に移動する途中、中国人女性に、「チャイニーズですか?」と英語で聞かれた。
残念ながら、というと、がっかりした様子。
方向音痴で、道など教えられないくせに、思わず、「Helpしましょうか?」と聞いてしまった。

するとやはり迷子だという。
セントキャサリンズドッグに行きたいとのこと。
地図で見たら、幸いすぐに見つかった。

セントキャサリンズドッグなんて聞いたことないな、と思ったら、
ヨットハーバーを取り囲むようにつくられた飲食系のコンプレックスだった。

P1130841.jpg

その一角にあったディキンズ・インなるこじゃれたパブに入ってみる。

P1130852.jpg

魚が食べたくてフィッシュアンドチップスとギネスハーフパイント。
ツーレはチキンバーガーとコーク。

P1130869_20120725032042.jpg

P1090359.jpg

夕方には、テイト・モダン(旧テイトギャラリー)へ。
ターナーの部屋はゆったりしているけれど、ほかは工事中で、展示スペースが減っていた。
ミレーのオフェリアやロセッティ、バーンジョーンズなどは窮屈そうにヒストリカルと銘打った部屋に
押し込められている。


さて、これは朝の様子。
ケーブルカーに乗る前、宿から散策してみた。

P1090209.jpg

P1130631.jpg

P1130623.jpg

P1090150.jpg

それにしても、日焼けがひりひりする。

P1090492.jpg
関連記事
2012.07.25 Wed | Travel-England| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill