FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
予定がすっかり狂いました。飛行機キャンセルですと
空港で、搭乗目前だったのだが -

P1130252.jpg


目的地まで今日中に入ることは不可能となり。
ショックは大きい。
楽しみにしていたウェルズの大聖堂鑑賞は吹っ飛び(これまでずっと聖堂内にある300体に及ぶ柱頭の説明書きとかを読んで勉強したのに)、宿をWebでキャンセル、宿に電話して、とあるアレンジを中止にしてもらい、今夜泊まるべきホテルの予約などに追われた。

ツーレは手配をしていないので(目的地をよく把握していない)、FBのネタにして遊んでいたけれど。

P1130250.jpg


飛行機会社は、宿のキャンセル代などは肩代わりしてくれない。
かなりの出費になった。
せっかくヒースロー空港を避けてサマーセット地方で余暇を過ごす予定だったのだが、
たどり着けないのなら仕方ない。急遽13:25発のロンドン行きの飛行機に搭乗。

悔しいので空からの目撃者になることにする。
O2スタジアム。

P1130262.jpg

オリンピック競技場。

P1130267.jpg


サッカー競技場。

P1130301.jpg

ついでにテムズ川

P1130271.jpg


大混乱という空港は果たして・・・ん??
これ、バゲージクレーム。

P1130322.jpg

ヒースロー空港の地下鉄駅。
オイスターカードのチャージに相当長い列。。と思っていたが。

P1130325.jpg


余りにガラガラで、こんなものを愛でたりする。

P1130317.jpg

Pa1130317.jpg

お気楽でいいねぇ、きみは

P1130312.jpg



当日何とか予約できた宿は、ヴィクトリア駅そばベルグレイヴィア通りのB&B。
なんとも因果応報。
独身時代、一人旅で泊まったのもベルグレイヴィアのB&Bだった。
あのときは夜ロンドンに入ったら、宿の人の勘違いで夜1泊キャンセルされていたという事件があった。
慌てて宿探しをしたが、真夏の夜ということで一帯の宿はすべて満員。
がっくり肩を落としていたら、間違ってキャンセルしたおやじさんが、
さすがに気が引けたか、バカンス中の息子の部屋に泊まらせてくれた、という顛末だった。

ああ、なつかしのベルグレイヴィア。
どの辺だったか記憶にないけれど、すっかり小奇麗になってしまった。

P1130353.jpg
関連記事
2012.07.24 Tue | Travel-England| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill