FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
いつも困る霞が関のランチ 驚きの(?)結末
3つの役所、計5つの部署をまわり、午前中の業務終了。
ランチはどこにしようか、と見渡せば、ぞろっとある方向に向かうサラリーマンたち。
どうやら霞が関のMensは、霞ダイニングとかより、裏路地を行くらしい。
さっそくついていった。
だって霞が関ビルはもう飽きた。

ところが意外にばらけて、みんな雲散霧消。
一か所に集まることなくあちこちに散らばって行く。
特に中華料理が多い。
なんか気乗りしないなーと思いつつ、ふと見ると、ちょっと奥まった場所に長蛇の列。
スパゲティ屋。
これは期待できそう。
そこで15人目ぐらいに並ぶ。
店の名前は「ハングリータイガー」。

並んでいるうちにメニューを決めるから、早く食べられそうではある。
やや心配なのは男性ばかり。
案の定、中はラーメン屋のノリ。

仕切り屋の名物おばちゃんがいて、空いた所にしか座らせない!と怒鳴っている。
でも微笑ましい。
前の3人連れは、あんたたち3人一緒なんてのはだめ。
早く2人で席に着きなさい。あとのひとりは別よ。

で、私とその彼に向って、「2人連れね」!
これはもう確信犯である。
2人連れじゃないと言ってるのに、有無を言わせず、無理やり狭い差し向かいの席。
見知らぬ人と!

そもそも、外に並んでいる間にメニューを見てまず愕然とした。
スパゲティ単品のみ。
お値段大体1000円。
私が頼んだぺスカトーレは1100円。
でもこれだけ。

IMG00573-20120622-1228.jpg

なのにあの長蛇の列は一体?

これは向かいの人に聞くしかない、この界隈に詳しそうだし。

この店の売りは?
答えは、「ただなんとなく又来たくなる店」なんだそうだ。
あとボリュームも多いと。
でもその彼は中盛り+150円だったから、当たり前なのだ。

「このへんでランチ、いいとこないですか?」と聞いてみる。

折角この界隈のサラリーマンと話す機会ができたのだから、これは情報入手のチャンス。
”美味しい店情報をゲットするのだ!”、内なる私が囁く。

まあ結論からいって、中華とかは多いし、路地に店は多いよう。
でも今一つ余りこれといってお勧めはなく。

但し、「新しくできた飯野ビルに飲食店が多くていいですよ」とのこと。
これはいい情報聞いた。次回是非!

で、何の用事でこの界隈にきたのか聞かれたので、
「役所3か所まわって」
申請かなにかですか?と聞くので、
「全部そうです」
すると、貿易関係?と言うので
「はい」
というと、難しいものの取引なんですね、と。
??
回った役所の名前を言って、申請だと言っただけで、なんとなく要件がわかるみたいな感じ。
まさか役所の人?と思って聞くと、
ME○○(役所の略称)です、と。

たまげた。なんとなくメーカーの人かと思った。
役所っぽくなかった。
これといって理由はないが。

で、訪問したのは○○階でしょう?とズバリ当ててきた。
彼自身○○階の住人だったことがあるらしい。

世間は狭い。
「今度エレベーター出会うかもしれませんね」と言って別れた。

しかしスパゲティのお味の方は、、、
知らない人と頭をくっつけそうになりながら、かきこんだせいもあるのかな。
関連記事
2012.06.22 Fri | Gourmet| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill