FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
千疋屋と神戸屋のモーニングを迷った結果・・(恵比寿)
土曜日、朝7早くから恵比寿で用があり、それが終了したのは8時前。
折角ならおしゃれなモーニングを町で食べてから帰宅することに。

あちこちのブログを物色。その中で、380円とかいうすばらしい価格設定の店を見つけた。
恵比寿の神戸屋だ。
内容はというと、
まずトースト。パンの店なので問題なかろう。それにヨーグルトだかミニサラダ、ドリンク。

勇んで行ったはいいが、到着が7:45で、まだ開店しておらず。
(*注:平日は7時からだけど、週末の神戸屋のモーニング開始=開店は8時なのだ。)

しかもモーニングの看板を見ると、値段が500円に値上がりしていた。
上記の内容に1本ウィンナーがついただけで大幅な値上げ。
(2014年価格を確認したところ内容は同じで、540円だった。)

15分待つか考えたが、この内容なら一旦帰宅して10時開店の千疋屋モーニングを目指す方がベターと考えた。
(モーニングを思い立ったからには、あくまで”恵比寿でモーニング”に拘る。)

電車に乗って帰宅し、更に出直して、10時に到着。
ふと見ると、神戸屋のモーニングは10時で終了していた。

さて、千疋屋、正確には京橋千疋屋 アトレ恵比寿店のモーニングはというと -

3種類でトーストセット500円、ワッフルセット、サンドイッチセットが600円。
これで600円とはお得感あり。
(2014年も価格据え置きでした。)


P1060680.jpg


ワッフルとサンドイッチを1つずつ注文。
ワッフルは中がジューシーで、添えられたマスクメロンのジューシーなことといったら。
一片だけだけど、フレッシュな果物が味わえる喜び。

紅茶はポットでサービスで、さらにレモン輪切りは、2枚ともきちんと皮が向いてある。サスガ。
ヨーグルトは小ぶりだが、フルーツがざくざく。
こちらのお店の良さは、専門であるフルーツに対する自信が、お皿のあちこちに滲んでいる点だろう。

P1060685.jpg



そのあとは皇居で花見。
しかし驚いたことに桜とともに、梅も同居してた。
3/31だからさすがに梅は終わってると思ったが。

P1060839_20120404081019.jpg
P1060844.jpg

P1060851.jpg

そしてセザンヌの講演会が終わったら、すでに15:30.
お腹が空いたが中途半端な時間。
ランチはもう終わってるし・・というわけで、六本木ミッドタウンの鶏三和で親子どんぶり。

880円の名古屋コーチン親子丼と、680円の普通の親子丼。
コーチンはやっぱりシコシコと触感がある。
六本木ミッドタウンで、変な時間でもやってて、お安くお手軽に食べれるのはいい。
味付けは薄いし、いわゆるデパ地下モードではあるけれど。

P1060939.jpg
関連記事
2012.04.04 Wed | Gourmet| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill