日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
Ciclissimo発売中 / アルベルト・コンタドールはなぜ有罪になったのか
3/21に発売になった自転車雑誌「チクリッシモ vol.27」は保存版・選手名鑑付き。
11チーム・選手の紹介文やディルーカインタビュー記事を書かせて頂いた。

さらに、微量のクレンブタノールが検出されて陽性判定が出たコンタドールのスポーツ仲裁裁判所での結審に関する記事も。
検出された物質がパフォーマンス増強に影響のある量ではなく、彼の出場停止処分を重く見るむきが多かった。

しかし、裁判所の判決をまとめた100ページ弱の資料を全て読んだ中で、色々なものが見えてきた。

今回の件にもっとも関係する事象として、昨今マスキングが横行していることが挙げられる。
つまり、摂取した物質そのものが表出するのを防ぐため、別の物質を摂取してそれを隠してしまうという行為。

それゆえに、これまで彼の体内から検出されたことのなかった物質が、出たこと自体、重く受け止められたのだ。

アスリートたちの巧妙化する違反薬物摂取が、今回の審議を長期間に及ばせた原因そのものだったといえる。



CICLISSIMO (チクリッシモ) No.27 2012年 04月号 [雑誌]CICLISSIMO (チクリッシモ) No.27 2012年 04月号 [雑誌]
(2012/03/21)
不明

商品詳細を見る


<CICLISSIMO NO.27の概要>
砂田弓弦監修 自転車ロードレース・マガジン
CICLISSIMO チクリッシモ NO.27
~プロチームガイド&選手名鑑号~

●別冊付録 オールカラー52ページ
  J SPORTSのサイクルレース番組の視聴時に即役立つ保存版
  UCIプロチーム18+プロコンチネンタルチーム13  計31チーム
  選手リスト・選手顔写真・チームジャージ・チームバイクを掲載
  検索に 便利な選手名索引付き

●特集 インタビュー  
  ホアキン・ロドリゲス
  ダニーロ・ディルーカ
  エリック・ツァベル
  カルロス・サストレ

●特集 自転車選手の代理人 

●シーズン序盤ステージレース
  ツール・ダウンアンダー
  ツアー・オブ・カタール
  ツアー・オブ・オマーン

●記事
  コンタドール有罪裁定の本質と波紋
  レトロ自転車で”白い道”を走るエロイカ
  2012シーズン 押さえておきたい10のトピックス  

●強力連載
  新連載  ロードレース界のスペシャリスト
  新連載  ツールを彩った偉大なレーサー
  新連載  M・チポッリーニが語る“あのとき”
  中野喜文のイタリアのロードレース舞台裏
 荻島美香のオランダ自転車ライフ

3月21日(水)発売
付録とも定価1,575円
(本体価格1,500円)
発行:八重洲出版

関連記事
2012.03.24 Sat | Books| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill