FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
ポルトガル・アルガルヴェ地方はトロピカル~
なでしこジャパンがアルガルヴェカップで米国を下したという。
後はドイツを破るだけ。
ということで、必勝祈願でまたアルガルヴェの様子。

この地方の特色は、南国的な雰囲気。
一般的なポルトガルのイメージとはどこか違っていた。
南部の海岸町なので、リスボンあたりとは情緒もずいぶん異なるのだった。

アルブフェイラのバス停は、まだ開発途中ともいえるような野っぱら。

bbP1220686.jpg

下の写真はバスの車窓から。
このあたりでは、長距離バスが大活躍。
しごく使い勝手がよい。

bbP1220683.jpg

ただ問題は、地方へ行けばいくほど前売りを拒むチケット売り場も多いこと。
バス停に着いたら、そのとき売っているチケットを買うしかない。
たとえ鈍行ですごく時間がかかるとも、来たバスに乗せられる。
それで文句を言う人もなく、余りセコセコしていない様子。
でも、場所によっては急行と鈍行では、到着時間に30分以上差のあるものもあり、急行指定で買えればいいのに、と思ったことも。

最終バスを逃したくなくて、到着時に帰りのチケットを買いたいと言ったら、断固拒否された。
あれは確か、タヴィラ という町のこと。
下の写真はアルブフェイラからラゴアに向かう途中、バスの中から。

bbP1220677.jpg

そしてバスの時刻表がたまにあてにならないこともあり、
バス停の電光掲示板が一番便りになったりする。

bbP1220383.jpg

見に行ったアルガルヴェ一周レース出場選手を収容するホテルは一目。
駐車場にチームバスが止まっている。

bbP1220361.jpg
関連記事
2012.03.06 Tue | Travel-Portugal| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill