日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
神話が描かれたユーロコインをゲット
ギリシャ神話が描かれたユーロコインをゲット

以前、ユーロコインは国ごとに絵柄が異なり、ギリシャのそれにはギリシャ神話が描かれているといった話を書いた。
http://tourdefrance.blog62.fc2.com/blog-entry-1557.html

ギリシャ神話のひとこま「エウロペの略奪」が描かれたギリシャの2ユーロコイン、手にしたいなぁと思っていたら、
あのときのブログを読んだEのさんが、たまたまゲットしたとのことで帰国の手土産にプレゼントしてくれた。
もう大感激だ。

P1020614.jpg

この図柄は、ユーロコインの中でも一番ぴったりかと思う。
エウロペという女性が、牝牛に変身したゼウスに誘拐される絵なのだが、
エウロペという名前自体が、ヨーロッパという言葉の由来となったと聞く。


今まで多くのユーロコインを手にしたけれど、こんなに細かい彫りがされているものは
余り記憶にない。
フランスでこのコインがお財布に収まる機会はあまりないのでは?
ギリシャに行けば多くが子の図柄なのだろうけれど、
当のギリシャでは金融危機で、人々はコインの神話をめでるどころではないだろうが。

そしてEのさんがくれたもうひとつがギリシャの1ユーロコイン。

Pa1020614.jpg

ふくろうだ。
フクロウとは、古代ローマの象徴なのらしい。
これはお茶目で、可愛らしい。
手放しがたくなる図柄だ。

ちなみに ティツィアーノのエウロペの略奪はこれ:
http://www.salvastyle.com/menu_renaissance/tiziano_europa.html
関連記事
2016.05.11 Wed | Art| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill