FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
ウフィッツィからピッティ宮までの空中回廊を実現したジョルジョ・ヴァザーリ生誕500年
今年はジョルジョ・ヴァザーリ生誕500年とのことで、イタリア文化会館で展示と講演があった。
(教えてくれた友人に感謝)

ヴァザーリといえばヴァザーリの回廊や、芸術家列伝などの著作で知られるマルチな芸術家。
コジモ1世との親密なコラボレーションで、ウフィッツィ(現美術館)からピッティ宮殿まで800m続く空中回廊の考案者でもある。

現在イタリア文化会館で、この空中回廊の精緻な模型(現地で3時間という条件付きで内部に入り実際に計測までしたそうだ)が展示されている。

有名なヴァザーリの回廊。
ここからヴェッキオ橋を渡り、ピッティ宮殿へと続く。
2009年訪れたウフィッツィ。

P1680541.jpg

今回の模型。
この角度から見ると、直線的に伸びた空中回廊がよくわかる。
アルノ川を見通すかたちでしなやかに伸びている。

P2110798.jpg

そこから川沿いに回廊は続き、ヴェッキオ橋の上ずたいに、対岸へ。

P1680506.jpg

このジグザグの様子を模型で見る。

P2110802.jpg

ヴェッキオ橋。

P1680556.jpg

模型版。2F部分が空中回廊。

P2110800.jpg

ヴァザーリの展示は 2011年10月12日まで。
ただこれだけ見ても、なかなかピンとこなくて、今日の講演会の前フリを聞いたあと、いろいろ納得したのだった。

このあと、イタリア文化会館では、11/22~12/8までウフィッツィヴァーチャルミュージアム展が開催される。
ボッティチェリの「春」などが実大レプリカで再現されるようだ。


現在のイタリア文化会館入り口はこんな感じ。

http://www.iictokyo.esteri.it/IIC_Tokyo/webform/SchedaEvento.aspx?id=394のサイト


P2110845.jpg
関連記事
2011.10.08 Sat | Art| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill