FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
イタリア回想録 マントヴァ ① マントヴァの足つぼグッズ
P1010748.jpg--イタリア旅行中、雨がぽつ、ぽつと降ってきたのは1回だけ。
時間でいえば、30分ぐらいのことだろうか。
それも、水滴が時折額に当たる程度で、小雨とも呼べないほど。
帽子を被れば気にならない。

とはいえ、これが旅行中初の雨だったことに加え、連日30度だったのが、この時だけはややひんやり。

マントヴァに到着した日のことで、石畳が果てしなく続き、1kmちょっとの宿までの道、とても歩いてはいけないと断念した矢先のこと。さて、どうしたもんか、と考えあぐねる中の雨だった。

さらにヨーロッパの古い町の御多分にもれず、駅付近はがらーんとしていて、中心部にあるはずの、過去の遺産のきらびやかさとは一切無縁。

見知らぬ街で、どのバスがどこに行くかもわからず、(いや、どのバスが宿の近くに行くかは知っていたのだが、そのバスがどこに止るかがわからなかった)タクシーは見当たらず、そして雨がぽちっ、ぽちっ。

当然のように、ちょっと気分がローキーに入りかけた。

結局バス乗り場を見つけ、どこで降りればいいのかをそばの人に聞き、なんとか宿のそば、街の中心部にたどり着いたのだが、、、
着けば一転、別世界が広がっていた。

カーッと太陽が照り始め、一気に快晴。
気温上昇。
教会広場では、市場がひしめきあい、広々としているはずの憩いの場が、足の踏み場もない。
宿は屋台群のすぐ裏手なのだけど、スーツケースをころがしながらの道のりの、なんと遠く感じられたことか。

のんびり店を冷やかしている余裕はないものの、ちらりと見れば、おや足つぼグッズを売る中国系の屋台まで。

ああ、この活気!そして、光!

UVは気になるけど、旅はやっぱり太陽が似合う。
関連記事
2011.09.08 Thu | Travel-Italy| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill