FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
東大前の駅にはあのラファエロの名画が
先日仕事で東大へ。
暑いので余り歩きたくなくて、本郷三丁目ではなく南北線の東大前の駅で下車。

降りたって改札を出ようとして驚愕。
ラファエロの名画「アテネの学堂」(のゆるい模写)が飾られていた。


todai1.jpg


最近新設の地下鉄の壁には、その駅にちなむ絵やモザイクが壁を飾る事が多い。

大江戸線の築地市場は、浮世絵風の絵だったり、
勝どき駅は、トリトンスクエアがあることから神話海のトリトンだったり。
桜新町の駅は壁が桜色じゃなかったか。

そして東大のおひざ元の駅のギャラリーに採用されたのは、この一枚というわけだ。

いにしえの学者を一堂に集めたこの絵は、学問の象徴として言及されることが多い。
さすが東大、である。

ちなみにhttp://www.wallpaperlink.com/bin/0706/03530.htmlさんからお借りして、
本物のラファエロのアテネの学堂を見てみよう。

atene.jpg


いやはや、2つを比べると、微妙な模写ぶりがたまらない。

例えば、ラファエロが描いた本物では、
コンパスを持った人物の周囲に人が群がっている風景を・・・

todai4.jpg


地下鉄画の方ではこんな感じで輪郭を一部ぼやかしたかたちで描いている。
菱田春草の絵が称されたいわゆる「朦朧体」をやや想起するような。

いや、絵の出来はともかくも、その精神は立派ではないか。

東大の学生諸君、古代ギリシャの哲学者たちに負けぬよう、
勉学に励んでくださいーーー
そんなメッセージが込められている。

メトロ職員が考えたものなのか、学長さんから駅建設の折に指示があったのか、
知る由もないが。

todai3.jpg
関連記事
2011.08.16 Tue | Art| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill