FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
グランプリby高千穂遥先生
今読んでいるのがこの本。
とはいえ、これとは別に、図書館から現在10冊ほど借りていて、これらは2週間で返さねばならず。
(ヴェネチアの本とか美術書だけど)
あれこれ同時に読み過ぎて、なかなか「グランプリ」の方は遅々として進まないのだけど。
ただこちらはオムニバス方式なので、少しずつ読んでも筋が追えなくなることもなく。

別途色々書くつもりではあるけれど、
ひとことラップアップすると、

いやあ、競輪の世界ってごっつくて、マッチョで、アクが強くて、師弟関係や出身地などのしがらみがすごそうで、独特の雰囲気があって、中の言葉づかいもちょっと世俗とは違っていて、これはなんじゃぁーと思うようなこともあり、スケールが大きくて・・

競輪界って小説にこんなに向いていたとは目から鱗だった。

さらにひとことサマリーすると、
かなりハマってます。


グランプリグランプリ
(2011/06/23)
高千穂 遙

商品詳細を見る
関連記事
2011.07.31 Sun | Books| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill