FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
ブラックスワン
ナタリー・ポート主演の映画「ブラックスワン」を見に行った。
体調が悪かったので、カーデガン、マフラーをもってクーラー対応。

しかし、内容的にもおどろおどろしくて、終わった後はぐったり。
銀座で見たのに、そそくさ戻る。

途中駅で下車して、千疋屋でランチして、どうにも具合が悪くて午後から寝込む。

出張中、ホテルのクーラーで喉が痛くなったのに加え、
疲れでな疲れにやられたらしい。

こんなひどい夏風邪は記憶にない。

こんなとき、食事が作れる旦那さんだったら、どんなに楽だろう。

が、当然できないしやる気も皆無で、夕方起きだして食事の支度。


それにしても「ブラックスワン」、わたしとしては劇場で見る初めてのスリラーだ。
ああいうのは嫌いだから、見ないことにしている。

前回映画を見た時のCMでは、それほど怖そうな感じがしなかった。
それが敗因。

クライマックスではハンカチで目を覆いつつ、これじゃあなんのために見に行ったのやら。

ナタリー・ポートは幼少からダンスをやっていたらしく、
ダンス・ダブルなしの演技だとばかり思っていた。
しかし実際は、踊るシーンは吹き替えが大半だったとか。

かなり似た人を使ったのか。

おどろおどろしいシーンは、結局ああいうことだったのか、と後で気付いたが、
ちょっと「パーマネント野バラ」を思い出した。

結局この映画のうまいところは、プリンシパル狙いの陰謀うごめく女の園で、
あらゆるトラップを仕掛けられるかわいそうな主人公、
というありがちのストーリーを先入観として吹き込んでいる視聴者の
心理を突いているところか。


風邪で体調を崩し、ボロボロの時に見る映画ではなかった。
悪い夢にうなされそう。

主役を演じたポートマンも、役に入り過ぎて精神的に追い詰められたと聞く。
そうだろうと思う。
関連記事
2011.07.18 Mon | Art| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill