FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
夜は・・
夜は日仏時代の友人と。


暫く会わない間の変化が楽しくて、
へえ、そんな経験してたの、
あんなことも始めたの、
友の知らない素顔を知り、話の中で空白の数年間を埋めていく。

付きだしは、夏らしい器と梅のドレッシングが爽やか。


P2060457.jpg

フランス語の次にイタリアを学んだという彼女は、
ギリシャ神話のメドゥーサや、ゴルゴン姉妹を知っていた。
食事しながらメドゥーサの首を討ちとるペルセウスの話で一緒に楽しめる友はそういない。


ウニのスープは茶碗蒸し風。


P2060458.jpg


メドゥーサと目が合うと見た人は石と化してしまう、
だからメドゥーサ退治の絵の中のペルセウスは、必ず目をそむけている、
そんなことを自慢したりしてみる私。

知っていることのひけらかしが、単なる一方的な自慢話でなく、
実になる話、として耳を傾けてくれる人。
会話が弾む。食事も進む。

さて次はちょっと趣向を凝らした台座に載った食事。


P2060460.jpg


目で楽しんだ後、おろして食す。
お刺身など。


P2060462.jpg

船の中は・・

P2060465.jpg

焼きものなど。

P2060466.jpg

日仏時代は、一緒に飯田橋のビストロなどにも一緒に行った。
本日はフランス料理ならぬ、和食で。

アユの塩焼き


P2060467.jpg

スポーツジムにも通っている彼女によると、平日のプログラムは、なかなか濃いメンバーが多く、
ときに人間関係も難しいと。

サウナでの世間話、ときに刺々しいことも多いとか。
そうかもしれない。
平日夜や休日は、その点、楽だ。メンバーがそれほど固定してない。


煮物に続き
炊き出し。

P2060468.jpg


その点日仏時代の仲間は、みんな勉強意欲という一致した強い思い入れとまっすぐな方向があったせいか、
向上心むきだしの会話が楽しめた。

むろん個性的な人も多かったけど、いつもなにかとフランス情報満載で。


食事、そしてデザート。

P2060469.jpg


夜景を楽しんでもらい、お安い和食のディナーはおしまい。

会社のレストランにて。
関連記事
2011.06.21 Tue | Gourmet| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill