FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
SP革命篇
映画「SP 革命篇」を見に行った。

肩こりがひどくてマッサージに行っている状況なのに、
なおさら肩が凝った。
そのぐらい、素早いアクション場面の連続。

大体思った通りの展開だったが、
しかしエンディングは、え、これかい?
ちょっといさぎ悪い感じもある。

岡田君の羽が生えたような身軽さにはうっとり。

帰りがけ、地下鉄に行ったら、思わず今見たばかりの「SP」がよみがえった。

KC3D0021.jpg

ちなみに日比谷で見たのだけど、エンディングロールで席を立つ人、
数人だけは見かけた(笑)
でもやはりあの音楽「Security Police-Way Of Life」が止むまで席を立ち難い人が多く。

自分もそのひとりで、理由は、
なんとなくあの後に何かが待っていそうな気もする、
そんなほおっておけないフシ調だからかな。


実はこの週末、映画でなく、近代美術館の常設展に行こうと思ってた。
しかし節電で閉鎖。
岡本太郎の特別展のみだった。
国立西洋美術館も常設展はなし。
こういうご時世だから仕方ない。

が、週末癒されたいな、と思っていただけに残念。
今、仕事のうち3つが今回の震災の影響を多大に受け、
ぐちゃぐちゃになっている。
例えば10社ぐらいを調整してなんとか完結にこぎつけたプロジェクトが
一瞬にして、フイになった。

これまで数々のトラブルを生みだしてきたプロジェクトだ。
最後まで人を悩ませる。
やっと暗いトンネルを抜け出せる矢先だったのに。

仕切り直しはそこはかとなく、未知数。
10社のうち1社が建屋に地震の被害を受け、仕事の完全再開までに半年ぐらいかかりそう。

各社をコーディネートして、1つになって初めて実現する仕事なので、
1社でもそろわないと、たちゆかない。
各社がキーの仕事をそれぞれ受け持っている。

契約条項を確認して、あちこちの契約をとりあえず破棄し、
今後を考える。

2年経って、振り出しに戻ってしまった。
関連記事
2011.04.04 Mon | Art| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill