FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
非常事態を感じるとき
朝会社に行けば、2Fロビーは薄暗く、トイレに行けば、便座がヒンヤリ。
手を乾かすドライヤーもスイッチオフ。
各自タオルを常備せねばならない。
さすがにオフィススペースは点灯しているものの、それ以外は節電モード。
温度も低いから、いっぱい着こんでないとしんしんと冷える。

ネオンが消えた繁華街も薄暗く、わびしいけれど、
これに慣れていかねばならない。

家ではYシャツのアイロンがけは、電力消費用の少なさそうな週末の昼間とする。
蓄電系のものは、なるべく使わない。

世の中、電池も不足していると聞き、手動で点灯する懐中電灯を押し入れの奥から出す。

今日、17:30にとある政府系の研究所を訪問したら、
廊下が真っ暗で、手探りで歩くことに。
非常灯しかついていなかった。
徹底している。
もっとも、研究所内の人口密度が低いからこそできる技ともいえる。

とにかく日々折につけ、有事なんだなぁとつくづく感じる。


3連休は、買いだめの世の中に反発して、補充すべきシャンプーとコーヒーフィルターと
野菜と果物以外一切買わず。
外食でお金は落としても、買いだめはしない。

肉・魚は地震以来買っていない。
冷凍庫にいかに溜めていたかが偲ばれる。
まだまだ余り買わずに済みそうだ。

ただ、卵が買えなかったのは寂しかった。

我先がちにの大混雑のスーパーに行くのが嫌で、
どっと空いた昨日の午後に行ったら案の定牛乳はラスト3つ、
卵なし、ヨーグルトなしだった。
パンは山積み。
前日までの買占めのせいで仕入れが多すぎたようだ。
これで廃棄処分なんてことになったら悲惨だ。

被災地の人にまわらずに、都会でダブっているなんていう事態は
余りに面目ない。

焦らずむらなく買うことを心がけてほしい、世間の人たち。

今朝は仕方なく、ラストワンとなった最後の1つの卵を2人で分ける。
牛乳を多めに入れて溶いて入れてフレンチトースト。
どうせ夜なんて卵はあるわけない。今週は卵なしだ。

地震前に買った缶詰やマーボー豆腐の素などまだまだある。

自分がいかに備蓄癖人間だったかを改めて思い知らされた。

でもこういう災害の時のためだったんだ、と思いつつ、
それらをすっきり消費することを決めた今日この頃。
関連記事
2011.03.22 Tue | Society| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill