FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
地震の前と後: 皇居の壁脱落と白梅
癒されたくて、皇居に行った。

丁度2週間前、この場所に梅を見にいったとき、
これからどんどん芽吹いて春めいてくるんだろうな、
毎週ここにくると、春がからだいっぱい感じられるな、
などと思った。

あれから2週間経ち、
大手門をくぐろうとすると、目の前には

P2020280.jpg

崩落した白壁。


P2020354.jpg

中は足場が組まれ、あちこちあの地震で危険個所が出たようだった。

しかし入場を受け入れていた。
普通、安全性の確保ができるまでは・・・みたいな感じで
入場規制をしていてもおかしくない場面。

いこいの場を提供しようという、心意気を感じた。


2週間前盛りだった梅は、終わっていたものが多かったけれど、
今も頑張って花を咲かせているものがあった。

P2020348.jpg


寒桜が鮮やかな色彩を放っていた。

P2020294.jpg

P2020297.jpg


こちらは盛りを過ぎていたけれど、交代交代・時間差で、
別の場所で、別の開花が見られた。

P2020299.jpg
P2020332.jpg

P2020346.jpg


それにしても、寂しい週末の都内。
人が消えた。
いつもは外人さんでにぎわう皇居東御苑。
この日はわずか2組だけしか目にしなかった。

それでも、都内にまだ外人さんが残っていたことに驚く。
多くの人たちがこの場所を見捨てて、祖国や西日本に発って行った。

P2020302.jpg


2週間前見事な花をつけていた梅の木。
まだ持ちこたえていて驚く。

P2020304.jpg

下は2週間前の写真。
1つの木に紅白の花をつけていた。
縁起がいい。
今日も、一部紅色の花が残っていた。

P2010844_20110319220245.jpg


来週もしくるとしたら、梅は終わりかな。

季節は何事もなかったようにめぐっている。

P2020310.jpg

P2020326.jpg
関連記事
2011.03.19 Sat | 国内探索| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill