FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
最近の天声人語
04年の天声人語を図書館で借りてきた。

かなり素直な文章で、社会的事象について述べている文が目立つ。

少なくとも今とは全然違う。

なんでそんなものを読みだしたかというと、最近の天声人語がややマンネリ化でなんか物足りない。

先日、実家の父ともそんな話になった。

父の場合は、昔の名文とかを知っているからなおさらかもしれない。


最近の天声人語、すぐに人さまの文章を引用するか、あるいは国政の痛烈批判。

後者はまあこれが朝日の特権だから仕方ないものの、なんだか一本調子。

毎回同じことを、修飾語を変えて言っているみたい。

さらに全体的に、技巧とか、オチとか、こじつけに気をとられすぎているような気がするのだが。

味わい・余韻がもっとほしいのだけど。


「ひととき」の方が心に響くことが多かったりする。
関連記事
2011.01.25 Tue | Society| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill