FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
サイクルサッカーとサイクルフィギュア
室内自転車競技観戦に東工大へ。

昼前だったので、まずは腹ごしらえということで、大岡山のカフェ&キッチン 林に。

といってもこの店を知っていたわけではなく、ネットでよさそうだったので。

大岡山へ行くと、ほかにも手頃な店があり迷う。
Webのレストランレビューを見て、やっぱり林の方がよさそうということで初志貫徹。

正解だった。
丁寧につくっていて、好感がもてた。なにより美味。

サラダにしても、小さめだけど、野菜取り合わせを工夫し、様々な味が溶けあい、
ドレッシングも凝っている。

メイン、ツーレは牛のすね肉シチュー。

P1990129.jpg

私はローストビーフと鶏肉のワイン煮込みの取り合わせ。
ワイン煮込みのワインの風味がすばらしく、こつこつ入念に煮込んだ様がうかがわれる。

P1990130.jpg

これにパン(orごはん)、コーヒーがさらについて1380円。
コーヒーもすぐに冷めない工夫がされ(カップを温め、さらにコーヒーは煮立たない程度にしっかり温められていた)、味も気に入る。

満足して、体育館へ向かう。

室内自転車競技って馴染みがないが、輪球部なる部がある大学もあることを知った。

サイクルサッカーをもっている大学は限りがあるのだろうが、関西大学、東工大、大阪大学らがメインのよう。

P1990509.jpg

ボールは手作りの風合い。
小さめ。

P1990537.jpg

バイクは直線的な造り。
見慣れないメーカーのロゴがフレームに入っているものばかり。

コルナゴ、とかピナレロとかない。

P1990461.jpg

同時開催のサイクルフィギュアは、自転車の上で様々な曲芸に近いフォームを披露するもの。

競技人口がかなり少ないと見え、少年少女と大人があい入り乱れての試合だった。

P1750239.jpg


この日はこのあと東急線で渋谷に行き、文化村のモネ展を見る予定だったが、
サイクルサッカーの試合1、この日は準決勝~決勝戦。
どれも白熱した試合だったので、美術展はギブアップ。

最後まで試合を見ることに。
サイクルサッカー、ぶつかりあい、妨害ぎりぎりの行為などふんだんで、格闘技のようでもある。
関連記事
2010.12.13 Mon | Sports| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill