FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
ポルトガルで狩野派の屏風に出会う
先日、アズレージョ美術館で日本の茶器を見かけた話をしたけれど、
ポルトガルには、日本があちこちにころがっていた。

古美術館では、狩野派の立派な屏風と出会った。
見事な作品だ。
狩野内膳と、狩野道味の2作品が並んでいた。

2つの文明が交流する場面。
ネットも地球の歩き方もない時代、なんら予備知識なしに、初めてポルトガル人という
異種の人間を見たときの日本人の反応は一体どんなものだったろう。

想像だにできない。

P1930587_20101102000048.jpg


こんな感じでポルトガルで日本を感じるにつけ、
ポルトガルにおける日本の痕跡に比べて、日本におけるポルトガルの足跡は余り見かけないな。

堺市でザビエル記念碑を見たぐらいか。
今年5月 ザビエル公園のエントリー

P1930578.jpg
関連記事
2010.11.02 Tue | Travel-Portugal| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill