FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
リスボンの由緒正しき缶詰屋さん Conserveira de Lisboa が素晴らしい
そのものズバリな命名をされた「リスボンの缶詰屋さん」Conserveira de Lisboa
創業80年のお店らしく、中を見るだけでも楽しい。

P1940445.jpg

なにしろ店内には、海の幸の缶詰がズラリ。
壮観だ。

老舗のプライドというか、缶詰の配列は整然。
包装にも工夫が凝らしてある。

P1940448.jpg


カウンターにはいにしえのレジが置かれ、博物館的要素もある。

P1940449.jpg

ガラスケースの中には、昔の缶詰シリーズ。
当初からこの店は、缶詰の包装に拘ってきたらしい。

今でこそレトロな図柄だけど、その昔はモダンだったのかも。

P1940450.jpg

こんな感じだ。
さらに、缶詰を開けるためのミニ工具もあり、以前はあれに巻きつけて開けていたのだろう。

ポルトガルは魚がおいしい。そして、みんな魚をよく食べる。
様々な魚を缶詰にする風潮があったからこそ、この品揃え。

P1940450a.jpg


私も買ってきた。
ムール貝、イワシ、ツナ。
うーん、あまり冒険しなかった。

様々な種類があったけれど、わからない魚も多種。
一応パッケージにイラストで中身の魚が描かれているので、それで想像つくものもある。

釣り好きの人にはたまらないに違いなく。

P1950177.jpg

缶詰のパッケージのみならず、買った時の包装もまた凝っている。

店員が手際良く包んでいくさまが小気味よい。
古いものほど洗練されている、そんな見本を見た思い。

P1940469.jpg


お店の情報はこちら:
地下鉄ならバイシャ・シアドから歩く。
Stアントニオ教会にも程近い。

http://www.conserveiradelisboa.pt/
関連記事
2010.10.30 Sat | Travel-Portugal| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill